この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)

LINEモバイルにMNP乗り換えの開通で元のキャリアは自動解約される

LINEモバイルに大手キャリアのdocomo、au、Softbankや他社の格安SIMからMNP転入で乗り換えた場合、

回線の開通をしたタイミングで乗り換え元の契約は自動的に解約されます。

別途、解約手続きを行う必要はありませんし、大手キャリアからの乗り換えであればSIMカードの返却も不要なので何もやることはありません。

このページではLINEモバイルに電話番号をそのまま引き継いで乗り換えるMNP転入をした場合の乗り換える元の解約について詳しく説明いたします。

LINEモバイルのMNP転入で開通をすると乗り換え元の回線は自動的に解約される

LINEモバイルに電話番号をそのまま引き継いで乗り換えるMNP転入で乗り換えた場合は「LINEモバイルの回線開通」を完了した瞬間に、

乗り換え元のdocomo、au、Softbankの大手キャリアや他社の格安SIMや格安スマホは自動的に解約となります。

大手キャリアのdocomo、au、SoftbankでMNP予約番号を発行したタイミングでは手数料はかかりませんが、

LINEモバイルにMNP転入で乗り換えが完了したタイミングでMNP転出手数料(番号ポータビリティ手数料)が発生します。

MNP転出手数料(番号ポータビリティ手数料)

  • docomoのMNP転出手数料: 2000円
  • auのMNP転出手数料: 3000円
  • ソフトバンクのMNP転出手数料: 3000円

LINEモバイルにMNP転入で乗り換え後解約手続きをする必要はない

大手キャリアのdocomo、au、Softbankや格安SIM、格安スマホからMMP転入で乗り換えた場合は、LINEモバイルの回線を開通したタイミングで乗り換え元の大手キャリアや格安スマホや格安SIM会社との契約は自動的に解約になります。

なので、LINEモバイルに乗り換えた後に解約手続きなどをする必要もありません。

大手キャリアのdocomo、au、Softbankの場合はSIMカードの返却も不要なのでとても簡単にLINEモバイルに乗り換えができます。

LINEモバイルのにMNP転入で乗り換え後SIMカードの返却について

大手キャリアの場合のSIMカードの返却は不要

大手キャリアのdocomo、au、SoftbankからLINEモバイルに電話番号をそのまま引き継いで乗り換えるMNP転入で乗り換えた場合は、

回線の開通が完了した時点で自動的にdocomo、au、Softbankの大手キャリアの契約は解約になります。

格安SIMの場合のSIMカードの返却は必要な場合が多い

LINEモバイル以外の他社の格安SIMからLINEモバイルにMNP転入で乗り換えた場合は、LINEモバイルの回線を開通したタイミングで自動的に解約になりますが、

SIMカードは返却する必要がある格安SIM会社(MVNO)が多いです。

各格安SIM会社(MVNO)でSIMカードを返却しなかった場合にかかる料金は以下のとおりです。

  • 楽天モバイル: 4000円
  • mineo(マイネオ): 2000円
  • DMMモバイル: 3000円
  • IIJ mio: 2000円
  • BIGLOBE SIM: 3000円
  • LINEモバイル: 3000円

SIMカードの返却は普通郵便の封筒にSIMカードをいれて郵送すれば完了なので封筒も挿れて100円以下で返却ができます

LINEモバイルをSIMカードを返却せずに解約してみた結果(検証結果)

ちなみにLINEモバイルもSIMカードの返却が必要な格安SIMですが、実験でSIMカードを返却しないで解約してみたところ、料金は取られませんでした。

格安スマホの場合のSIMカードの返却は必要な場合が多い

格安スマホの場合も同じでSIMカードの返却が必要な場合がほとんどです。

ただし、SIMカードは貸与扱いですが、スマホは購入(一括または分割)扱いなので返却は不要です。

MNP予約番号の取得は解約予約と同じ

LINEモバイルに電話番号をそのまま引き継いで乗り換える場合は、MNP予約番号の取得をします。

このMNP予約番号の取得は現在契約中の会社に対して、解約予約(解約宣言)をしているのと同じなので、LINEモバイルの回線を開通したらスムーズに自動解約されます。

MNP予約番号を取得して使わないと解約されることはないし料金も発生しない

MNP予約番号の取得は、ただの電話番号を引き継いで乗り換えるための管理番号の取得なので、MNP予約番号だけ取得して、

当然ながら、 MNP予約番号を使って乗り換えをしていないので、MNP転出手数料もかかりません。

あくまで自動的に解約となるのはLINEモバイルへMNP転入で乗り換えをして回線を開通したタイミングです。

LINEモバイルは大手キャリアや他社からから乗り換えやすい格安SIM

LINEモバイルは大手キャリアのdocomo、au、Softbankや他社の格安SIMからMNP転入で乗り換えた場合、回線の開通をしたタイミングで乗り換え元の契約は自動的に解約されます。

別途、解約などの手続きを行う必要はありませんし、大手キャリアからの乗り換えであればSIMカードの返却も不要なので手続きが簡単で乗り換えやすい格安SIMです。

LINEモバイルはデータ通信SIMが月額500円から利用でき、070/080/090の電話番号の音声通話SIMでも月額1200円だけで利用できる最安で

通信速度も格安SIMで最速の格安SIMなので大人気の格安SIMになっています。

LINEモバイルを選んでおけば、他の格安SIMのように長く使っても速度低下をすることもなく、ずっと最安値で快適に使えます。