【超必見】LINEモバイルはSIMカードを使い回しができる格安SIM

LINEモバイルは契約している1枚のSIMカード(1回線のSIMカード)複数のiPhone、iPad、Andoidスマホ、タブレット、モバイルWiFiルーターで使いまわしができる格安SIMです。

制限は一切ありません。

LINEモバイルはSIMカードを使い回しができる格安SIM

LINEモバイルは1枚のSIMカードを複数のiPhone、iPad、Andoidスマホ、タブレット、モバイルWiFiルーターで使いまわしができる格安SIMです。

SIMカードのサイズと、スマホの契約キャリアとSIMカードの回線さえあっていればどの端末であっても使いまわしができます。

LINEモバイルのSIMカードを使い回すには回線の種類に注意が必要

LINEモバイルのSIMカードを使い回すには、LINEモバイルのSIMカードの回線の種類に注意が必要です。

LINEモバイルのSIMカードにはdocomo回線を使ったSoftBank回線を使ったSoftBank回線の2つがあります。

【徹底比較】LINEモバイルのドコモ回線とソフトバンク回線の違い

LINEモバイルのSIMカードを使い回すには、スマホ端末が対応しているキャリアとLINEモバイルの回線をあっている必要があります。

  • docomoのスマホ: LINEモバイルのドコモ回線で使える
  • SoftBankのスマホ: LINEモバイルのソフトバンク回線で使える
  • SIMフリーのスマホ: LINEモバイルのどちらも回線でも使える
  • SIMロック解除済のスマホ: LINEモバイルのどちらも回線でも使える

スマホやiPhoneの端末がSIMフリー端末やSIMロックを解除した端末であれば、

LINEモバイルのdocomo回線を使ったdocomo回線のSIMカードでもSoftBank回線を使ったSoftBank回線のSIMカードでもどちらもで使えます。

LINEモバイルのSIMカードを使い回す場合はナノSIMサイズを選ぶ

LINEモバイルはnanoSIM、microSIM、標準SIMの全サイズのSIMを契約時に自由に選択することができます。

SIMカードには3つの種類(サイズ)がある

SIMカードにはnanoSIM、microSIM、標準SIMのSIMカードのサイズがありますが、LINEモバイルのは3つのSIMカードのサイズを自由に選択して契約ができます。

iPhoneやiPadはnanoSIMサイズと決まっていますが、

一部のAndroidスマホではmicroSIMや標準SIMサイズを採用しているのスマホもあるので契約前にスマホのメーカーのホームページの仕様一覧などで確認が必要です。

LINEモバイルはどのSIMカードのサイズを選んでも初期費用は料金は同じ

LINEモバイルはnanoSIM、microSIM、標準SIMのどのSIMカードのサイズを選んでも初期費用は月額料金は同じです。

LINEモバイルはSIMカードのサイズ変更もできる

LINEモバイルは契約後であってもSIMカードのサイズ変更が自由にできます。しかし、SIMカードのサイズ変更は無料ではなく3000円の手数料がかかるので、

アマゾンで200円以下で売っているのでSIMカードのサイズ変更するよりもかなり安く、SIMカードのサイズの違うスマホ端末で使いまわしができます。

LINEモバイルはiPhoneのアクティベートができるSIMカード

LINEモバイルのSIMカードはiPhone、iPadをアクティベートできる格安SIMです。

LINEモバイルのSIMカードをiPhoneで使っている人は全員LINEモバイルのSIMカードでアクティベートして使っています。

そのため、わざわざアクティベート用SIMカードなどを購入する必要がありません。

SIMカードを使い回すならナノSIMサイズのSIMカードを選ぶ

LINEモバイルはnanoSIM、microSIM、標準SIMのどのSIMカードのサイズを選んで契約できますが、

変換アダプタは送料込みで200円以下で入手できるので複数のスマホでLINEモバイルの1枚のSIMをカードを使い回すときは、入手しておくと便利です。

また、対応しているSIMカードのサイズが違うスマホでLINEモバイルのSIMカードを使い回すことを前提に契約する場合はnanoSIMサイズを選んでおけば変換できるので便利です。

microSIM、標準SIMのSIMのサイズを契約しているとnanoSIMサイズのスマホで使う場合はハサミでカットするか3000円の手数料がかかるSIMカードのサイズ変更をする必要があるからです。

LINEモバイルはnanoSIM(ナノSIM)を選んで契約できる格安SIM

LINEモバイルは月額500円だけで利用できるのでサブ回線に最適

LINEモバイルは月額500円のワンコインだけで月に1GBの高速通信ができる格安SIMです。

この1GBというデータ容量(ギガ容量)は高速通信ができる容量が1GBあるという意味で1GB以上使っても速度が少し遅くなるだけでデータ通信のインターネットが使えなくなるわけではありません。

050のIP電話と組み合わせることでデータ通信SIMでも音声通話の着信も発信もすることができます。

もちろん1GB以上使ってもLINEのトークでのメッセージの送受信やLINEの音声通話、ビデオ通話は全く問題なく利用できます。

LINEモバイルは契約しているプランのデータ容量を使い切ってもLINEアプリは速度制限の対象外なので常に快適に音声通話もビデオ通話も使えます。

【保存版】LINEだけならLINEモバイルの500円の1GBプランで十分!ワンコインで使える格安SIM

LINEモバイルは月額500円でテザリングが無料で使い放題

LINEモバイルは月額500円で使えるLINEフリープランがありますが、テザリングが無料で使えます。

テザリングで使えるデータ容量(ギガ容量)は無制限で、どれだけテザリングでデータ通信をしてもデータ通信のインターネットが使えなくなることはありません。

ただし1GB以上のデータ通信をすると速度制限がされて200kbps(実測は600kbps)になりますが、

高画質な動画の再生が厳しくなるだけで普通にLINEもネット検索も

SNSもLINEの音声通話やビデオ通話もデータ通信のインターネットはすべて問題なく使うことができます。

月額500円でテザリングが無料なのはLINEモバイルの格安SIMだけ

LINEモバイルは契約初月の月額料金が全プランで全額無料

LINEモバイルはデータ通信SIMでも音声通話SIMでもデータ容量が1GB、3GB、5GB、7GB、10GBのどの容量でも契約初月目の1ヶ月の月額料金は全プランで全額無料です。

ただし注意点があって、契約初月に解約した場合は、月額料金の無料の対象外となります。

  • 契約初月の解約: 初月の月額無料の対象外となる
  • 2ヶ月目の月末までの解約: 1ヶ月目に解約する時と同じ請求額

2ヶ月目の月末まで使った場合は初月の月額料金無料が適用されるので

1ヶ月で解約するなら2ヶ月目の月末日までに解約するのが、支払料金は同じなのでお得です。

LINEモバイルを1ヶ月間だけで契約した場合の料金

LINEモバイルのデータ通信SIMと音声通話を1ヶ月間だけ契約した場合のトータル料金をまとめました。

LINEモバイルのデータ通信SIMを1ヶ月だけ契約した時の料金

  • 登録事務手数料: 3000円(税込み3240円)
  • SIMカード発行手数料: 400円(税込み432円)
  • 1ヶ月分の月額料金: 500円(2ヶ月目に解約しても同じ)

LINEモバイルの音声通話SIMを1ヶ月だけ契約した時の料金

  • 登録事務手数料: 3000円(税込み3240円)
  • SIMカード発行手数料: 400円(税込み432円)
  • 1ヶ月分の月額料金: 1200円(2ヶ月目に解約しても同じ)
  • 解約違約金: 9800円(12ヶ月の最低利用期間があるため)

LINEモバイルは今まで使っていたスマホやiPhoneでそのまま使える

LINEモバイルは今まで使っていたiPhone、iPad、Androidスマホ、AndroidタブレットにLINEモバイルのSIMカードを挿入すれば使うことができます。

以下でまとめたiPhoneやAndroidスマホであればSIMロック解除なしでSIMカードを挿入するだけで使うことができます。

LINEモバイルのSIMカードを使う端末に制限がないので1枚のLINEモバイルのSIMカードを使い回すこともできます。

LINEモバイルでSIMロック解除なしで使えるiPhone完全一覧まとめ

  • iPhone SE SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線
  • iPhone SE docomo版: LINEモバイルのdocomo回線
  • iPhone SE ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線
  • iPhone 6s SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線
  • iPhone 6s docomo版: LINEモバイルのdocomo回線
  • iPhone 6s ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線
  • iPhone 6s Plus SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線
  • iPhone 6s Plus docomo版: LINEモバイルのdocomo回線
  • iPhone 6s Plus ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線
  • iPhone 5s SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線
  • iPhone 5s docomo版: LINEモバイルのdocomo回線
  • iPhone 5s ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線
  • iPhone 5 ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線
  • iPhone 5 SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線
  • iPhone 6 SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線
  • iPhone 6 Plus docomo版: LINEモバイルのdocomo回線
  • iPhone 6 Plus ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線
  • iPhone 7 SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線
  • iPhone 7 docomo版: LINEモバイルのdocomo回線
  • iPhone 7 ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線
  • iPhone 7 Plus SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線
  • iPhone 7 Plus docomo版: LINEモバイルのdocomo回線
  • iPhone 8 SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線
  • iPhone 8 docomo版: LINEモバイルのdocomo回線
  • iPhone 8 ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線
  • iPhone X SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線
  • iPhone X docomo版: LINEモバイルのdocomo回線
  • iPhone X ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線
  • iPhone XR SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線
  • iPhone XR docomo版: LINEモバイルのdocomo回線
  • iPhone XR ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線
  • iPhone XS SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線
  • iPhone XS docomo版: LINEモバイルのdocomo回線
  • iPhone XS ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線
  • iPhone XS Max SIMフリー版: LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線
  • iPhone XS Max docomo版: LINEモバイルのdocomo回線
  • iPhone XS Max ソフトバンク版: LINEモバイルのSoftBank回線

LINEモバイルでSIMロック解除なしで使えるAndroidスマホまとめ

  • docomoで契約していたAndroidスマホ(docomo回線を選択する)
  • SoftBankで契約していたAndroidスマホ(SoftBank回線を選択する)
  • SIMフリー版のAndroidスマホ(docomo回線/SoftBank回線の両方で使える
  • SIMロックを解除したAndroidスマホ(docomo回線/SoftBank回線の両方で使える

LINEモバイルは知らないと損するくらいお得なキャンペーンをやっています。