LINEモバイルは地方や山間部でも100%繋がる!田舎や登山でも安心の格安SIM

LINEモバイルは大手キャリアのdocomo、SoftBankの電波を借りて使っている格安SIMなので通信エリアが広く、

LINEモバイルは地方などの田舎や山間部でも100%繋がります

僕は登山が趣味ということもあり、山間部や地方にはよく行きますがLINEモバイルの電波が入らなったことは一度もありません。

LINEモバイルにはdocomo回線とSoftBank回線のSIMカードがあって契約時に選択できますが、登山で使う場合で自分のスマホやiPhoneがSIMフリー端末またはSIMロック解除済み端末であれば、「docomo回線」をおすすめします。

LINEモバイルの通信エリアは大手キャリアと同じ

LINEモバイルはdocomo回線を使ったSIMカードとSoftBank回線を使ったSIMカードの2つを提供していて、申込み時に自分で選択することができます。

LINEモバイルのdocomo回線は大手キャリアのdocomoと直接契約している場合と通信エリアも電波の入りも全く同じです。

理由は、LINEモバイルはdocomoのLTE(Xi)回線を借りてサービスを提供している格安SIM会社(MVNO)だからです。

同じようにLINEモバイルのSoftBank回線は大手キャリアのSoftBankと直接契約している場合と通信エリアも電波の入りも全く同じです。

docomo回線は山間部や地方に強い通信エリアが広い回線なのでLINEモバイルもその広い通信エリアの恩恵を受けられます。

同様にSoftBankも最近は山間部や地方でも電波が入るようにあってきたのでSoftBankを契約している人が電波が入っている場所であれば

LINEモバイルのSoftBank回線でもエリア内なので電波が入って使うことができます。

LINEモバイルの人口カバー率は100%で田舎や登山でも安心

LINEモバイルのドコモ回線は人口カバー率が100%です。

そのため、基本的に自分が住んでいる場所には電波がありますし、よっぽど人が来ないような場所などでなければ電波があるので、LINEモバイルで電波の入り具合やエリアを心配する必要はありません。

実際に自分が使いたい場所がエリア内なのかは簡単に調べることができますので調べ方を紹介します。

LINEモバイルのdocomo回線のエリアの調べ方

LINEモバイルのSoftBank回線のエリアの調べ方

通信エリアが心配なら500円のプランで試してみる

LINEモバイルはデータ通信のみ(インターネットのみ)のプランだと月額500円だけで使えますし、音声通話(070/080/090の電話番号から始まる電話)をつけても月額1200円だけで使えます。

このLINEモバイルの月額料金は格安SIMで最安の料金なので、格安SIMを試してみたいという人に大人気のプランです。

山間部や地方によくいく場合はdocomo回線がおすすめ

LINEモバイルはdocomo回線とSoftBank回線の2つの回線のSIMカードを提供していますが、山間部や地方に強いのはdocomo回線です。

SoftBank回線もdocomo回線とほとんど変わらないくらい山間部や地方の電波は整備されてきていますが、

まだdocomo回線しか電波が入らない地域もあるのでよく山間部や地方に行かれる方はdocomo回線を選択しておけば間違いありません。

ただし、自分が行動する場所がSoftBankのエリア内で電波が問題なく入っている場合はSoftBank回線を選んでも問題ありません。

LINEモバイルはdocomo回線もSoftBank回線も料金とサービス内容は同じ

LINEモバイルはdocomo回線とSoftBank回線でエリアと電波の入り具合は違いますが、料金とサービス内容はdocomo回線もSoftBank回線も同じです。

そのためSoftBankで購入したスマホでSIMロックを解除できない、SoftBankの通信エリアで困っていないという理由でSoftBank回線を選ぶ人も多くいます。

契約キャリアとLINEモバイルの回線を合わせるとSIMロック解除がいらない

LINEモバイルのdocomo回線のSIMカードはdocomoのiPhoneやAndroidスマホをSIMロック解除しなくてもLINEモバイルのSIMカードを挿入するだけで使えますし、

LINEモバイルのSoftBank回線のSIMカードはSoftBankのiPhoneやAndroidスマホをSIMロック解除しなくてもLINEモバイルのSIMカードを挿入するだけで使えます。

今使っているスマホやiPhoneをそのまま使いたい場合は契約したキャリアとLINEモバイルの回線を合わせればSIMロックを解除しなくてもそのまま使えるのでスマホを新しく購入する必要がなくなります。

auで購入した端末だけはLINEモバイルで使用する場合はSIMロック解除が必須になります。

LINEモバイルのドコモ回線は登山道の電波対策済み

LINEモバイルは実は登山に強い格安SIMなのです。

LINEモバイルのdocomo回線は登山道の電波対策を行っているので日本全国の登山者がいる登山道は電波が入るようにお金を投資して整備されています。

なのでLINEモバイルのdocomo回線のSIMカードを使っていれば登山に行っても電波が入るので安心です。

実際にLINEモバイルを試してみた結果

実際にLINEモバイルのdocomo回線のSIMカードを挿したスマホ1台とSoftBank回線のSIMカードを挿したスマホ1台の計2台を持って

富士山の富士宮ルートで登山をしてきました。

結果、駐車場の五合目から山頂まで電波は一度も途切れることなく入っていて山頂と駐車場では電話と写真の送信ができました。

実際にLINEモバイルのdocomo回線のSIMを挿したiPhoneで一緒に登山をした知人も富士山の山頂で写真を撮ってLINEで送信していたのでLINEモバイルの電波の入り具合とエリアは優秀です。

LINEモバイルは山間部や地方・登山にも強い格安SIM

LINEモバイルは山間部や地方でも電波が入り、登山でも電波が入るどこでも繋がる格安SIMです。

LINEモバイルのdocomo回線のSIMもSoftBank回線もSIMも人のいる場所はどちらでも電波が入って繋がりますが、

docomo回線のほうが通信エリアが広くて、地方や登山道の電波の整備が進んでいるのでどちらの回線でも使える場合は、docomo回線を選んでおけば間違いありません。