この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)

LINEモバイルはクレジットカードブラックリストでも契約できる格安SIM!クレヒス情報の確認はされないので確実に契約できる

LINEモバイルはクレジットカードがブラックリスト入りしていても何事もなく契約できる格安SIMです。

LINEモバイルはクレヒスを参照することができないのでブラックリスト入りしていても自己破産歴があっても

日本国内で発行された有効期限が切れていないクレジットカードなら審査に通過して確実に契約できます。

私もローンの支払い遅延でブラックリスト入りしていますが問題なく契約できて大手キャリアと同様の性能なのに格安の月額料金で使えています。

また、LINEモバイルはクレジットカードがなくても契約して月額料金を支払うことができるLINE Payカードがあるのでクレジットカードが作れない人でも利用できる数少ない格安SIMです。

LINEモバイルはクレジットカードがブラックリスト入りでも契約できる

LINEモバイルは、クレジットカードの履歴(クレヒス)を参照できない格安SIM会社なので契約に使うクレジットカードが

CICブラック、JICCブラック、全銀協(CRIN)ブラックのブラックリスト入りをしていていも問題なく契約できます。

日本国内で発行された有効期限が切れていないクレジットカードであればブラックリスト入りをしていても問題なく契約して解約や他社へ乗り換えるまで料金の支払いができます。

LINEモバイルはLINE Payカードでの契約と料金の支払いができる格安SIMなのでクレジットカードを持っていなくてもLINEモバイルを契約して利用し続けることができます。

LINEモバイルはクレヒス情報を参照できないのでクレヒスの影響を受けない

LINEモバイルは大手キャリアではない、LINE株式会社が運営する格安SIM(MVNO)なのでクレヒス(クレジットカードヒストリー)の情報を参照することができません。

クレジットカードの信用情報は「個人信用情報センター」が管理をしており、CRIN,CIC,JICCの3つの信用情報の管理機能があります。

この信用情報機構に対してLINEモバイルはクレヒス情報の参照を行えません。

そのため、LINEモバイルは過去のクレジットカード歴がどのような内容であっても日本国内で発行された有効期限が切れていないクレジットカードであればブラックリスト入りをしていても問題なく契約して解約や他社へ乗り換えるまで料金の支払いができます。

LINEモバイルは大手キャリアの料金滞納歴の影響を受けない

LINEモバイルは大手キャリアのdocomo、au、SoftBank、Y!モバイルで契約していた時の料金対応歴の影響を受けません。

過去に大手キャリアで料金滞納歴があってもLINEモバイルは過去の料金対応歴の情報を参照することができないので、何事もなく契約ができて使い続けることができます。

端末代を未納にしていた過去や料金を滞納して大手キャリアを強制退会させられた場合でもLINEモバイルを契約して使い続けている人が多くいます。

LINEモバイルはクレジットカードなしでもLINE Payカードで契約と支払いができる

一般的に格安SIMは契約するのにクレジットカードが必須です。

そのため、クレジットカードブラックリストでクレジットカードを持っていない人は格安SIMを契約できません。

しかし、LINEモバイルはクレジットカードを持っていなくてもデビットカードとして使えるLINE Payカードを作れば、

クレジットカードを持っていなくても契約時にLINE Payカードのプリペイドカード番号を入力することで

LINEモバイルの審査を難なく通過しLINEモバイルの格安SIMを入手することができます。

LINE PayカードはLINEアカウントがあれば誰でも作成が可能で、LINEから申し込むことで自宅にLINE Payカードが郵送されてきます。

LINE Payカードへのチャージはコンビニや銀行振込などの方法に対応しており一度もクレジットカードが必要な場面はありません。