【完全保存版】LINEモバイルのデータフリー・カウントフリーとなる通信内容まとめ

LINEモバイルが大人気な理由の1つのとしてLINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの通信が使い放題で

どれだけ使ってもデータ容量(ギガ容量)が減らないカウントフリー(データフリー機能)があるからです。

僕はFacebookとInstagramとLINEを合わせて月に20GBほど使っているので、

LINEモバイルの音声通話SIMに乗り換えたら月額5600円から月額1690円になって助かっています。通信速度も光回線並で驚きの毎日です。

ここではLINEモバイルのカウントフリー(データフリー)の対象となる通信内容が他のサイトでは抜けや漏れが多かったのですべの対象となる通信と対象外の通信をリスト化しました。

目次

LINEモバイルのカウントフリーとは?特徴とメリット

LINEモバイルのカウントフリー(データフリー)はLINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICで使ったデータ通信量(ギガ容量)を消費しません

通常、データ通信は1GB,3GB,5GB,7GB,10GBの容量を使って高速データ通信を行いますが、カウントフリー(データフリー)の対象となるLINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの通信は月間の使用データ容量としてカウントされません。

また、月間の使用データ容量を使い切った場合は、通常200kbps(LINEモバイルは実測600kbps)に速度制限がされますが、LINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの通信は速度制限がされずにずっと高速通信ができます。

LINEモバイルのプラン別カウントフリー(データフリー)の対象となる通信内容

LINEモバイルにはデータフリー(旧名: カウントフリー)というLINEやSNSのTwitter、Facebook、Instagramの通信が使用した通信量としてカウントされな機能があり、プランによって内容が異なります。

そのため、LINEやSNSのTwitter、Facebook、Instagramはどれだけ大量に通信をしてもデータ消費量(ギガの消費)はゼロです。

LINEモバイルのプラン別カウントフリー(データフリー)の内容
  • LINEフリープラン:LINEの通信全てがデータフリー
  • コミュニケーションフリープラン: LINEとSNSの通信がデータフリー
  • MUSIC+プラン: LINEとSNSとLINE MUSICの通信がデータフリー

データフリー(旧名: カウントフリー)はLINEモバイルのdocomo回線、SoftBank回線、au回線のすべての回線で対応しているのでどの回線を選んでも適用されます。

LINEモバイルのソフトバンク回線リリース直後はデータフリー(旧名: カウントフリー)に対応していませんでしたが、2018年8月30日からLINEモバイルのソフトバンク回線もデータフリーに対応しました。

LINEモバイルのプラン別のデータ容量と月額料金一覧

データ通信SIM月額料金データ容量
LINEフリープラン500円1GB
コミュニケーションフリー(SMS付き)プラン1110円3GB
1640円5GB
2300円7GB
2640円10GB
MUSIC+(SMS付き)プラン1810円3GB
2140円5GB
2700円7GB
2940円10GB
通話SIM(データ通信+音声通話SIM)月額料金データ容量
LINEフリープラン1200円1GB
コミュニケーションフリープラン1690円3GB
2220円5GB
2880円7GB
3220円10GB
MUSIC+プラン2390円3GB
2720円5GB
3280円7GB
3520円10GB

LINEだけしか使わない人は月額500円の1GBで十分に足りる

もしSNSはLINEだけしか使わないという場合は、LINEフリープランがおすすめです。

月額500円だけで使えるという負担のない料金で、

LINEの音声通話もビデオ通話も画像や動画の送受信などのトークもすべてカウントフリー(データフリー)の対象となり使い放題なので

データ容量を一切消費しないだけでなく、速度制限中でもLINEの通信は速度制限の対象外なので、快適にビデオ通話も音声通話もできます。

LINEとTwitter、Facebook、Instagramをよく使う人は3GBプランから始めるのがおすすめ

LINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagramをよく使う場合や、1GBの高速データ容量では足りな場合は、コミュニケーションフリープランの3GBから始めるのがおすすめです。

3GBプランだと音声通話SIMでも月額1690円で利用できますし、データ通信SIMの場合は、月額1110円で使えるので大手キャリアのdocomo、au、SoftBank、Y!モバイルから乗り換えるとそれだけで節約になります。

LINE MUSICとよく利用する人はMUSIC+プランを選ぶのがおすすめ

LINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagramに加えて、LINE MUSICをよく使う場合は、MUSIC+プランを選ぶのがおすすめです。

LINEモバイルのMUSIC+プランでLINE MUSICを何時間聞いてもデータ消費量はゼロとして扱われるので思いっきり音楽を楽しめます。

ただし、LINE MUSICのデータ通信容量もすべて含めて月に5GB以下で収まっている場合は、コミュニケーションフリープランの5GBのほうが月額料金が安いので

iPhoneの場合は、設定アプリの「モバイルデータ通信」を開くとどのアプリがどれだけのデータ通信容量を使ったのかがひと目でわかります。

LINEモバイルは契約後も無料でプラン変更ができるのでもし使い方が変わったり、容量が不足したり多すぎた場合はプランを変更するのも無駄がないのでおすすめの方法です。

LINEモバイルのカウントフリーの対象となるサービスと通信内容

LINEモバイルのLINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランでカウントフリーの対象になる通信と対象外の通信を詳しくまとめました。

LINEフリープランでカウントフリーの対象となる通信

  • LINEのトークでのテキストメッセージの送受信(グループ含む)
  • LINEのトークでの画像、動画、他ファイルの送受信(グループ含む)
  • LINEの無料音声通話
  • LINEの無料ビデオ通話
  • タイムラインの閲覧、投稿
  • 「ニュース」トップ・カテゴリの閲覧
  • LINEアプリ内のニュースの閲覧
  • スタンプのダウンロード
  • 着せ替えのダウンロード
  • 「その他」画面での表示や設定
  • 「友だち」の閲覧、友だち追加
  • 「ウォレット」トップの閲覧
  • LINE Outでの通信

LINEフリープランでカウントフリーの対象外の通信

  • LINEアプリ内のリンクをタップしての外部接続
  • LINE LIVEの閲覧や配信
  • LINEアプリ外でのウェブページの閲覧
  • ツムツムやLINEバブルなどのLINEゲームの全て
  • LINE漫画
  • グループ内Liveの利用
  • 「ニュース」詳細の閲覧
  • LINE Pay・送金・コード支払いコードリーダー・請求書支払い・LINEポイントの利用
  • スタンプショップの利用
  • 着せかえショップの利用

コミュニケーションフリープランでカウントフリーの対象となる通信

LINE(ライン)でのカウントフリーとなる通信内容

※LINEフリープランと同じ内容

Twitter(ツイッター)でのカウントフリーとなる通信内容

  • ツイートの投稿
  • ツイートの閲覧
  • ツイッターの機能を使って投稿されたツイートの閲覧(画像・動画含む)
  • トレンド・モーメント・通知・メッセージの利用
  • プロフィール・設定とプライバシーの編集
  • ウェブブラウザでのTwitterの利用

Faccebook(フェイスブック)でのカウントフリーとなる通信内容

  • フィードの閲覧
  • フィードの投稿(画像・動画含む)
  • リクエスト・お知らせ・その他の閲覧、利用
  • プロフィール・設定
  • プライバシーの閲覧、編集
  • ウェブブラウザでのFacebookの利用

Instagram(インスタグラム) でのカウントフリーとなる通信内容

  • タイムラインの閲覧、投稿(画像・動画含む)
  • ストーリーズの閲覧、投稿
  • 検索の利用(画像・動画含む)
  • アクティビティの利用
  • メッセージの利用
  • プロフィールの閲覧、編集
  • ウェブブラウザでのInstagram(インスタグラム)の利用
  • IGTV

コミュニケーションフリープランでカウントフリーの対象外の通信

LINE(ライン)でのカウントフリーの対象外となる通信内容

※LINEフリープランと同じ内容

Twitter(ツイッター)でのカウントフリーの対象外となる通信内容

  • 外部リンクへの接続
  • ツイートに埋め込みや含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧
  • 公式アプリ(Twitter,Inc.が提供)以外の利用
  • ライブ動画(Periscope)の配信、閲覧

Faccebook(フェイスブック)でのカウントフリーの対象外となる通信内容

  • 外部リンクへの接続
  • 投稿に埋め込みや含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧
  • ライブ動画の配信、閲覧
  • Messengerの利用

Instagram(インスタグラム) でのカウントフリーの対象外となる通信内容

  • 外部リンクへの接続
  • ライブ動画の配信、閲覧

MUSIC+プランでカウントフリーの対象となる通信

  •  ホーム・カテゴリ・検索・マイミュージックの利用
  • 音楽・音声の視聴
  • オフライン再生のための音源保存(楽曲のダウンロード)

MUSIC+プランでカウントフリーの対象外となる通信

※なし

LINEモバイルでカウントフリーの対象外となるLINEとSNS以外の通信

  • LINEゲーム
  • Apple Music
  • FaceTime
  • Messenger(Facebook)
  • Periscope(ペリスコープ)
  • LINEマンガ
  • App StoreやGoogle Playでダウンロードしたゲームアプリ

FacebookのMessengerはカウントフリーの対象外

Facebookはアプリからでもウェブブラウザからでもカウントフリーの対象ですが、FacebookのMessenger(メッセンジャー)はカウントフリーの対象外なので注意が必要です。

といっても、FacebookのMessenger(メッセンジャー)はほとんどデータ容量を消費しないので気にしなくても大丈夫です。

LINEモバイルのカウントフリーはLINEとSNSのデータ消費量がゼロ

LINEモバイルのカウントフリー(データフリー)はLINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICで使ったデータ通信量(ギガ容量)を消費しません。

LINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICをどれだけ使用してもデータ使用量や消費量はゼロです。

通常、データ通信は1GB,3GB,5GB,7GB,10GBの容量を使って高速データ通信を行いますが、

カウントフリー(データフリー)の対象となるLINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの通信は月間の使用データ容量としてカウントされないので高速データ通信容量(ギガ容量)を気にする必要もないですし、

LINEモバイルは速度制限中の低速通信でもLINEとSNSは速度制限の対象外

LINEモバイルのカウントフリー(データフリー)は速度制限中の低速通信状態でも、LINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの通信は速度制限がされずにずっと高速通信ができます。

ただし、速度制限中に速度制限の対象外になるのは、以下の通りです。

  • LINEフリープラン:LINEの通信全てが速度制限の対象外
  • コミュニケーションフリープラン: LINEとSNSの通信が速度制限の対象外
  • MUSIC+プラン: LINEとSNSとLINE MUSICの通信が速度制限の対象外

LINEモバイルは月額500円のプランでもLINEがカウントフリーで使い放題

LINEモバイルには月額500円だけで1GBの高速データ通信(インターネット)が使えるプランがあるので、このプランを選択すると月額500円だけで利用できます。

この1GBのLINEフリープランでもLINEの通信はすべて使用しデータとしてカウントされないのでデータ容量の消費はゼロですし、

月間の使用データ容量を使い切った場合は、通常200kbps(LINEモバイルは実測600kbps)に速度制限がされますが、LINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの通信は速度制限がされずにずっと高速通信ができます。

1GB以上のデータ通信をしても通信ができなくなるわけではなく、通信速度が少し遅くなる程度なので普通にLINEもSNSもウェブブラウジングもYouTube再生もできます。

LINEモバイルは速度制限の低速通信になりにくい格安SIM

LINEモバイルは高速通信と低速通信を切り替える機能がない格安SIMですが、

低速通信になりにくい理由は、

LINEモバイルにはLINEモバイルだけにあるLINEとSNSで使った通信のデータ容量(ギガ容量)を消費しないデータフリー(旧名: カウントフリー機能)があるからです。

LINEモバイルはLINEアプリでの音声通話やビデオ通話、画像やビデオの送受信などで使ったデータ量(ギガ容量)やSNSのTwitter、Facebook、Instagramで使ったデータ量(ギガ容量)をどれだけ使っても使用したデータ量としてカウントされません。

そのため、他の格安SIMよりもデータの使用量が大幅に減少するため低速通信になりにくいというメリットがあります。

【口コミ】LINEモバイルのカウントフリー(データフリー)機能の評判や評価はとても良い

 

LINEやSNSを多く使う人にはLINEモバイル一択!他の格安SIMを選ぶと損

このようにLINEモバイルには日本で発売されているすべての格安SIMで唯一、

LINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの通信が使い放題でどれだけ使ってもデータ容量(ギガ容量)が減らないカウントフリー(データフリー機能)機能があります。

そのためLINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICをそれなりに使う人や多く使う人ではLINEモバイルと他の格安SIMでは月額料金だけでなく快適度も変わってきます。

LINEやSNSをよく使う場合は格安SIM最安最速のLINEモバイルを選んでおけば間違いありません。