この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)

LINEモバイルは災害時も大手キャリアと同じ優先度と繋がりやすさ

LINEモバイルは災害時の電話のつながりやすさも、電話の優先度も大手キャリアのdocomoとSoftBankと同じです。

LINEモバイルだから110や119などの緊急電話をかけらないということは一切ありません。

LINEでの音声通話やトーク、災害伝言板(web171)も利用できます。

LINEモバイルは災害時も大手キャリアと同じ優先度と繋がりやすさ

LINEモバイルは地震や台風、津波などの自然災害などの災害時も電話の繋がりやすさや優先度は大手キャリアのdocomo、SoftBankと同じです。

LINEモバイルのdocomo回線を契約していればdocomoと直接契約している人と同じ繋がりやすさと優先度で電話が利用できます。

これは「電気通信事業法」で定められており、格安SIMという理由で優劣をつけてはいけないと定められています。

また、 LINEモバイルのSoftBank回線を契約していればSoftBankと直接契約している人と同じ繋がりやすさと優先度で電話が利用できます。

「発信制限」や「接続制限」は大手キャリアと同じようにかかりますが、格安SIMのLINEモバイルを使っているからと言って優先度を下げられたりすることはありません。

通話の規制はdocomoやSoftBankのキャリアが実施しているものがそのままLINEモバイルにも適用されます。

災害時に緊急電話をかけるには音声通話SIMを契約していることが条件

災害時や緊急時に緊急電話をかける場合にはLINEモバイルの音声通話SIMを契約していることが条件です。

LINEモバイルに限らず格安SIMで音声通話を利用するにはデータ通信SIMではなく音声通話SIMを契約している必要があるので災害時や緊急時でなくても音声通話SIMを契約していないと電話をかけることはできません。

ただし、電話回線を使わないLINEの無料音声通話やビデオ通話、FaceTimeなどはデータ通信SIMでも利用できます。

LINEモバイルの音声通話SIMは緊急電話にも対応している格安SIM

LINEモバイルの音声通話SIMは110の警察や119の救助や救急車用の緊急電話や171の災害用伝言ダイヤルに対応しています。

104: 番号案内(通話料有料)
115: 電報のお申し込み(通話料有料)
119: 火事・救助・救急車
177: 天気予報(通話料有料)
110: 警察への事件・事故の急報
114: お話し中調べ
118: 海上の事件・事故の急報
171: 災害用伝言ダイヤル
136: ナンバーお知らせ136(通話料有料)

LINEモバイルの格安SIMだからといって3桁番号サービスに電話がかけられないことはなく大手キャリアのdocomo、au、SoftBankと同じように利用できるので心配する必要はありません。

LINEモバイルは災害時もLINEでのやり取りができる

LINEモバイルの格安SIMは災害時でもLINEアプリのトークでのメッセージや画像、動画の送受信、音声通話、ビデオ通話が使えます。

災害時も普段と同じようにLINEの既読機能も使えるので相手がLINEの文章を読んだかもわかります。

もともとLINEの既読機能は災害時に相手が内容を確認したのかと安否確認をするためにつけられた機能なので災害時にはとても役に立ちします。

LINEの位置確認機能で自分のいちを相手に知らせることができる

LINEには、GPSを使って自分の位置を相手に伝えることができる「位置確認機能」があります。

この機能は無料で使え、誤差10m以下という高い精度の位置情報を相手に伝えることができます。そのため、救助の時や相手の位置を確認したときなどにも役に立ちます。

LINEモバイルはLINEアプリは速度制限の対象外でデータ量を消費しない

LINEモバイルは1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのデータ容量やデータ通信SIM,音声通話SIMに関係なく、すべてのプランや契約でLINEアプリにはカウントフリー(データフリー)が適用されるので、

どれだけ災害時や緊急時にLINEで連絡を取り合っていてもデータ容量(ギガ容量)を消費しませんし、

仮に速度制限がかかったい状態でもLINEアプリは速度制限の対象外なので音声通話やビデオ通話が利用できます。

このようにLINEモバイルは災害時でもLINEで連絡を取れば他の格安SIMや大手キャリアのdocomo、au、SoftBank、Y!モバイルなどと比べても信頼性が高く、連絡が取りやすい格安SIMです。

LINEモバイルは災害時も災害用伝言板(web171)が利用できる

LINEモバイルは音声通話SIMを契約していれば、災害時に電話をかけて災害用伝言板に伝言を残すことができる「災害用伝言板(web171)に対応しています。

電話アプリから171番に電話をしてガイダンスに従って、まず自分の電話番号を入力して、伝言を録音して登録すれば伝言を残すことができます。

171番に電話を掛けてきた相手が自分の電話番号を入力することで録音した伝言を聞くことができるので相手に自分の安否を伝えることができます。

LINEモバイルは災害時も緊急電話も掛けれて優先度も同じなので安心

LINEモバイルは災害時の電話のつながりやすさも、電話の優先度も大手キャリアのdocomoとSoftBankと同じです。

LINEモバイルだから110や119などの緊急電話をかけらないということは一切ありません。

LINEモバイルのSoftBank回線を契約していればSoftBankと直接契約している人と同じ繋がりやすさと優先度で電話が利用できます。

LINEモバイルは災害時でもLINEで連絡を取れば他の格安SIMや大手キャリアのdocomo、au、SoftBank、Y!モバイルなどと比べても信頼性が高く、連絡が取りやすい格安SIMなのでもしもの時でも困ることはありません。