PR

LINEモバイルは解約後も年齢認証は維持されるお得な格安SIM

5/7(火)23:59までの申し込み完了分まで!期間限定!!他社からLINEMOへ乗り換えで12,000円分PayPayプレゼントプレゼント(ミニプランは3,000円分)+全契約解約手数料無料キャンペーン!土日も契約申し込み&SIM発送対応中!!MNP乗り換えなら『新社会人でなくても誰でも適用』されます。

\今だけ!期間限定!12,000円分PayPay+PayPayポイントプレゼント+全手数料無料キャンペーン自動適用ボタン(自動適用されます)/


5/7(火)まで!期間限定!!他社からLINEMOへ乗り換えで12,000円分PayPayポイントプレゼント(ミニプランは3,000円分)+全契約解約手数料無料、契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なしキャンペーン中!上のバナーから開いて申し込みボタから申し込むと自動適用されます。

※特別キャンペーンのため前触れなく突然終了する場合があります。

LINEモバイル(現:LINEMO)は唯一無二の年齢認証とLINEのID検索ができる格安SIMですが、

実はLINEモバイルの格安SIMで年齢認証をした後に解約してもSIMカードを抜いてもLINEの年齢認証とIDの検索は継続して維持されます。

ここだけの話、LINEモバイルの月額500円のdocomo回線またはSoftBank回線のSIMカードが1枚あれば無制限に複数のiPhone、iPad、Androidスマホ、AndroidタブレットのLINEの年齢認証を突破することができます。

LINEモバイルのマイページで発行される認証コードを使いまわして利用することで1回線のLINEモバイルの契約だけで複数台年齢認証を突破できます

年齢認証をしたらSIMカードを抜いても、LINEモバイルを解約しても人例認証済状態(IDの検索可状態)は維持されます。

LINEモバイル(現:LINEMO)は解約後も年齢認証は維持される

LINEモバイルのSIMカードを使って年齢認証を完了させた後、LINEモバイルのSIMカードを抜いて解約した場合でも、認証済みの年齢認証は維持されます。

LINEは年齢認証を完了すると、アプリ内の特殊な場所に年齢認証フラグを立てます。

この年齢認証済みフラグはLINEアプリを削除するまで維持されるので、LINEモバイルのSIMカードを抜いても、LINEモバイルを解約しても関係ありません。

実はこの事実はほとんどの人が知りません。実施にLINEモバイルのdocomo回線でもSoftBank回線でも検証済みです。

LINEモバイル(現:LINEMO)は1回線の契約で複数台を年齢認証ができる

実は、LINEモバイル(現:LINEMO)はLINEモバイルのSIMカードで年齢認証後、SIMカードを抜いてもLINEモバイルを解約しても年齢認証が維持されるという事実だけでなく、

LINEモバイルの1回線の契約である1枚のSIMカードで複数の端末のアプリの年齢認証ができます

LINEアプリの年齢認証をする場合には、LINEモバイルのマイページにログインして利用コードをLINEアプリに入力することで年齢認証を突破できますが、この利用コードは複数の端末のLINEで使い回しができます。

年齢認証をしたい端末のLINEを開いて、LINEモバイルのマイページから取得した利用コードを入力します。

すると年齢認証が突破されて、LINEのID検索ができるようになります。

これはLINEモバイルのdocomo回線を契約した場合でもSoftBank回線を契約した場合でも利用コードを入力すれば年齢認証を突破できることを確認済みです。

大手キャリア契約時に年齢認証をしていけば格安SIMに乗り換えても維持される

大手キャリアのdocomo、au、SoftBankからLINEモバイル以外の格安SIMに乗り換えると年齢認証が突破する手段がなくなり、結果LINEのID検索ができなくなりますが、

格安SIMに乗り換える前に大手キャリアの docomo、au、SoftBankで年齢認証をしておけば格安SIMに乗り換えても、年齢認証済み状態は維持されれますので格安SIMでLINEのID検索機能を使うことができます。

LINEモバイルだけは格安SIMで唯一年齢認証ができる格安SIMなので、格安SIMに乗り換え後であっても好きなタイミングで年齢認証をすることができます。

年齢認証ができないとLINEのID検索機能で友達を追加できない

LINEモバイル(現:LINEMO)は格安SIMであっても年齢認証が唯一できる格安SIMなのでLINEのID検索機能が使えますが、他の格安SIMでは年齢認証ができないため、QRコード、ふるふる、招待URLを発行して友だち追加、電話番号で追加のどれかの方法でしか登録できなくなります。

大手キャリアのdocomo、au、SoftBankを契約している人はLINEのID検索ができるのでLINEのID検索ができないと連絡先交換がスムーズに行かない場合があります。

しかし、LINEモバイル(現:LINEMO)はLINEの全機能を使うことができるのでdocomo、au、SoftBankと直接契約しているのと同じように利用できるので利便性があがります。

言い方を変えればdocomo、au、SoftBankと全く同じように使えて月額料金を音声通話をつけても月額2000円に節約できるすごい格安SIMだということです。

LINEモバイルの月額500円のSIMカードが1枚あればLINEの年齢認証は突破できる

格安SIMでのLINEの年齢認証を突破してLINEのID検索をしたい場合は、LINEモバイルの月額500円のSIMカードが1枚あれば年齢認証をクリアすることができます。

LINEモバイル(現:LINEMO)はすべての販売さえている格安SIMの中で通信速度が最速で月額料金最安値で使える格安SIMなので、大手キャリアのdocomo、au、SoftBankから電話番号を引き継いで乗り換える人が続出しています。

070/080/090の音声通話機能をつけても月額1200円しかかからないのでLINEモバイルを使っているだけで何もしなくても大幅に節約ができ、余った分のお金を自分の将来のためや家族や大事な人のために使えるからです。

形として残らない通信費に高い料金を払うのはとてももったいないのでLINEモバイルの格安SIMで賢く使っていくと人生が豊かになると思います。

5/7(火)23:59までの申し込み完了分まで!期間限定!!他社からLINEMOへ乗り換えで12,000円分PayPayプレゼントプレゼント(ミニプランは3,000円分)+全契約解約手数料無料キャンペーン!土日も契約申し込み&SIM発送対応中!!MNP乗り換えなら『新社会人でなくても誰でも適用』されます。

\今だけ!期間限定!12,000円分PayPay+PayPayポイントプレゼント+全手数料無料キャンペーン自動適用ボタン(自動適用されます)/


5/7(火)まで!期間限定!!他社からLINEMOへ乗り換えで12,000円分PayPayポイントプレゼント(ミニプランは3,000円分)+全契約解約手数料無料、契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、MNP転出手数料なしキャンペーン中!上のバナーから開いて申し込みボタから申し込むと自動適用されます。

※特別キャンペーンのため前触れなく突然終了する場合があります。

LINEモバイル(現:LINEMO-ラインモ)
この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)
フォローするとLINEモバイルの最新情報・お得な情報をお届けします(^^)/
タイトルとURLをコピーしました