【保存版】格安SIMでLINEの年齢認証(ID検索)をする3つの方法

【必見】格安SIMでLINEの年齢認証(ID検索)をする3つの方法を徹底解説!

格安SIMにはLINEの年齢認証(=ID検索)が使えないというデメリットがあります。

しかし、ここで紹介する3つの方法を使うことえ格安SIM(MVNO)でもLINEの年齢認証を突破できるのでLINEのID検索機能で友達を追加することができます。

例外としてLINEモバイルの格安SIMだけは格安SIMであっても

LINEの年齢認証(=ID検索)機能が使える唯一無二の格安SIMです。

格安SIMでLINEの年齢認証ができない理由は年齢を確認できないから

通常格安SIMではLINEの年齢認証(=ID検索)をすることはできません

この理由は、LINEを運営しているLINE株式会社が利用者が18歳以上の利用者であることを確認することができないからです。

そのため格安SIMでは代替案でLINEの友達追加を行う必要があります。

格安SIM(MVNO)ユーザーがLINEの友達を追加する4つの方法

LINEのID検索が使えない場合は以下の代替方法でLINEの友達を追加することができます。

格安SIM(MVNO)ユーザーがLINEの友達を追加する4つの方法
  1. QRコードで友達追加する
  2. ふるふるで友達追加する
  3. 電話番号を使った友達自動追加機能で友達追加する
  4. メールで友達追加する

実際にこの4つの方法でLINEの友達を追加する方法を順番に見ていきましょう。

1.QRコードで友達追加する

LINEの友達は自分のLINEのQRコードを友達を追加したい相手のLINEで読み取ると、友達を追加できます。

「友だち追加」から「QRコード」をタップすると自分のQRコードが表示されるので友達のQRコードを自分が読み取るか、

相手に自分のQRコードを読み取ってもらえばLINEの友達リストに追加されます。

2.ふるふるで友達追加する

LINEはふるふるという近くにいる友だちをスマホ本体を振ることで追加できる機能があります。追加したい友達が近くにいる状態で「友だち追加」から「ふるふる」を選択して、スマホ本体を振ります。

すると近くにいるLINEユーザーに自分が表示されるので「追加ボタン」を押してもらうと追加できます。

ふるふるを使う場合は、iPhoneやスマホの「位置情報サービス(GPS)」をオンにしておく必要があります。

3.電話番号を使った友達自動追加機能で友達追加する

LINEには友達の自動追加機能があって、自分のアドレス帳に相手の電話番号を追加して、「友達の自動追加」にスイッチをオンにして、その下の更新ボタンを押すと友達が追加されます。

4.メールで友達追加する

自分のLINEのQRコードを表示します。

右上にある下三角▼を押します。

「メールで送信」を押して、相手のメールアドレスにQRコードを送ることで相手が送られてきたメール内のURLを開くと自分をLINE友達として追加できます。

LINEモバイルの格安SIMだけはLINEの年齢認証(=ID検索)ができる

通常格安SIM(MVNO)はLINEの年齢認証(=ID検索)ができませんが、LINEモバイルの格安SIMだけは特別で、格安SIMで唯一LINEのLINEの年齢認証が使えます。

LINEモバイルがLINEの年齢認証(=ID検索)ができる理由は、LINEモバイルを提供しているLINEモバイル株式会社とLINEアプリを提供しているLINE株式会社が同族会社だからです。

LINEモバイルの契約情報で利用者の年齢を確認できるのでLINEの年齢認証(=ID検索)が使えるのです。

LINEモバイルは月額500円のLINEフリープランでも格安SIMで唯一SMS認証を使わなくても

LINEの新規登録と引き継ぎをすることができるだけでなく、格安SIMで唯一年齢認証ができる格安SIMです。

LINEに年齢認証がある理由は「18歳未満の保護のため」

LINEに年齢認証がある理由は18歳未満の子供がネット上のトラブルや犯罪などに巻き込まれるを防止するための措置です。

LINEでは、利用規約で見知らぬ異性との出会いを目的とする利用を禁止していますが、非公認の掲示板などの誰でも利用することができるウェブサイトやアプリにLINEのIDを公開し合って、見知らぬ人とLINEで友だちになるケースがあります。このような利用は、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。

そこで、青少年のLINEユーザーの皆さんをトラブルから未然に守るため、KDDI・NTTドコモ・ソフトバンクモバイルと協力し、18歳未満の方はLINEのID設定およびID検索を利用することができないよう部分的な機能制限を実施します。

ID検索が使えると見ず知らずの人に友達追加された話しかけたり、ネット上の掲示板などでさらされたりするとあっという間に拡散されてしまったりするので適切な措置だと言えます。

格安SIMユーザーでも大手キャリアのSIMカードを借りれば年齢認証ができる

LINEモバイルの格安SIMでない場合は、LINEの年齢認証(=ID検索)ができませんが裏技として一時的にdocomo、au、SoftBankを契約している人からSIMカードを借りて

年齢認証をしてもらえばLINEのID検索が使えるようになります。

一度年齢認証をすれば、docomo、au、SoftBankのSIMカードを抜いてもLINEのアプリを削除しない限り年齢認証は継続されるので

大手キャリアのdocomo、au、SoftBankを契約しているのと全く同じようにLINEを使うことができます。

LINEの年齢認証(=ID検索)をしたいならLINEモバイルを使うのがベスト

LINEモバイルのdocomo回線またはSoftBank回線のSIMカードが1枚あれば無制限に複数のiPhone、iPad、Androidスマホ、AndroidタブレットのLINEの年齢認証(=ID検索)を突破することができます。

格安SIMでのLINEの年齢認証を突破してLINEのID検索をしたい場合は、LINEモバイルの月額500円のSIMカードが1枚あれば年齢認証をクリアすることができます。

LINEモバイルはどのプラン・どのSIMカードを選んでも年齢認証ができる

LINEモバイルの3GB,5GB,7GB,10GBのどのデータ容量のプランを選んでもデータ通信SIMでも音声通話SIMでも格安SIMで唯一LINEの年齢認証とID検索ができます。

LINEモバイルと他の格安SIMの年齢認証とID検索
  • LINEモバイル:LINEの年齢認証とID検索ができる
  • LINEモバイル以外の格安SIM: LINEの年齢認証とID検索はできない

年齢認証ができる=LINEのID検索機能を使って友達を追加することができるのでLINEの連絡先の交換がdocomo、au、SoftBankの大手キャリアと直接契約してる時と全く同じように使うことができます。

LINEモバイルと大手キャリアの年齢認証とID検索
  • LINEモバイル: 大手キャリアと同じようにLINE IDで友達を追加できる
  • LINEモバイル以外の格安SIM: QRコードや登録用URLを使わないと友達を追加できない
LINEモバイルはSMS認証なしでLINEの新規登録や引き継ぎができる唯一の格安SIM

LINEモバイルはすべての販売さえている格安SIMの中で通信速度が最速で月額料金最安値で使える格安SIMなので、大手キャリアのdocomo、au、SoftBankから電話番号を引き継いで乗り換える人が続出しています。

【必見】格安SIMのベストバイは「LINEモバイル」である7つの理由

070/080/090の音声通話機能をつけても月額1200円しかかからないのでLINEモバイルを使っているだけで何もしなくても大幅に節約ができ、余った分のお金を自分の将来のためや家族や大事な人のために使えるからです。

LINEモバイルは電話番号をそのまま引き継いで乗り換えができる

LINEモバイルはdocomo、au、SoftBankで使ってる電話番号をそのまま引き継いでLINEモバイルに乗り換えることができます。

LINEモバイルは即日MNPに対応しているのでLINEモバイルに乗り換える時に、スマホが使えなくなる時間は30分だけです。ほとんど影響なく乗り換えができます。

LINEモバイルは2019年のベストバイの格安SIMです。

LINEモバイルはdocomo回線とSoftBank回線のマルチキャリアで、安定した高速回線に月額料金が最安で

唯一LINEの年齢認証ができる、LINEとSNSが使い放題のカウントフリーがある格安SIMとしてベストバイでお客様満足度ナンバー1を獲得している格安SIMです。

格安SIMにしてもキャリア契約と同じくらいの通信品質と使い勝手で通信速度は落とさずに月額料金を安くしたい方にはLINEモバイル以上にコスパの良い格安SIMはありません。