LINEモバイルの通信エリアはdocomoとSoftBankと同じ

LINEモバイルはdocomo回線を使ったSIMカードとSoftBank回線を使ったSIMカードの2つを提供しています。

LINEモバイルは、docomo回線のSIMカードならdocomoと直接契約と全く同じエリア、SoftBank回線のSIMカードならSoftBankと直接契約と全く同じ

日本全国のエリアで使える格安SIMです。

格安SIMに乗り換えたいけどエリアが心配という方からも人気ナンバー1で選ばれています。

LINEモバイルの通信エリアはdocomoとSoftBankと同じで日本全国で繋がる

LINEモバイルは、ドコモ回線とソフトバンク回線の2つの回線のSIMカードを提供していて契約時に選択するができます。

エリアはdocomoとSoftBankと全く同じなので北海道から沖縄なで日本全国どこでも繋がります。

たとえば、docomoとの直接契約からLINEモバイルのドコモ回線に乗り換えた時はエリアや電波の入り具合が全く同じなので今まで通り違和感なく使うことができますし、

SoftBankとの直接契約からLINEモバイルのソフトバンク回線に乗り換えた時はエリアや電波の入り具合が全く同じなので今まで通り違和感なく使うことができます。

LINEモバイルは月額料金がdocomoやSoftBankとの直接契約と比べるとかなり安いのでLINEモバイルを使っているだけで大幅に節約ができます。

LINEモバイルのdocomo回線のエリアの調べ方

LINEモバイルのSoftBank回線のエリアの調べ方

電波が悪い時は機内モードをオン・オフで治る

LINEモバイルは電波の入り具合も速度も格安SIMで一番安定している格安SIMですが、

ほんのまれに電波状況が悪い時や地下の電波の悪い場所から地上に戻った時に電波の復帰が遅いときがあります。

これはLINEモバイルの格安SIMに限らず他の格安SIMもdocomo、au、SoftBankでも同じで、iPhoneやAndroidのスマホの機内モードをオンして10秒待ってから機内モードをオフにすると治ります。

LINEモバイルはエリアは同じでも通信速度は違う

LINEモバイルはエリアはdocomoとSoftBankと全く同じですが、通信速度(回線速度)はdocomoやSoftBankの直接契約と異なります。

しかし、LINEモバイルはすべての格安SIMの中で最速の通信速度の格安SIMなのでdocomoやSoftBankから乗り換えても違いがわからないくらい快適に使えます。

まずは500円のプランでLINEモバイルの格安SIMをお試ししてみる

LINEモバイルはデータ通信のみ(インターネットのみ)のプランだと月額500円だけで使えますし、音声通話(070/080/090の電話番号から始まる電話)をつけても月額1200円だけで使えます。

このLINEモバイルの月額料金は格安SIMで最安の料金なので、格安SIMを試してみたいという人に大人気のプランです。

LINEモバイルは今使っている電話番号を引き継いで乗り換えができる

LINEモバイルはMNP(携帯電話番号ポータビリティ)に対応している格安SIMです。

docomo、au、SoftBank、Y!mobileで使っている電話番号をそのまま変更することなくLINEモバイルに乗り換えることができます。

  1. docomo、au、SoftBank、Y!mobileでMNP予約番号を取得する
  2. LINEモバイルの申し込みwebサイトからMNP予約番号を入力して契約する
  3. SIMカードが届いたらiPhoneやスマホにセットする
  4. マイページより利用開始手続きをする(音声通話SIMの場合のみ)
  5. LINEモバイルへの乗り換え完了

大手キャリアでMNP予約番号を取得する方法

LINEモバイルにdocomo、au、SoftBank、Y!mobileなどの大手キャリアで使っている電話番号をそのまま変更することなくLINEモバイルに乗り換えるのに必要な

MNP予約番号は下記の方法で取得することができます。