この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)

LINEモバイルの電話番号を変更する方法とメリット・デメリット

LINEモバイルで電話番号を変更する方法は、

すでにLINEモバイルを契約している場合は解約して新規契約し直すことで新しい電話番号になります。

これからLINEモバイルを契約する場合は、LINEモバイルの契約申し込み画面で「新規番号での申込み」を選択して契約を完了すれば

今使っている電話番号関係なく、新しい電話番号になるので結果的に電話番号を変更したことになります。

LINEモバイルで電話番号を変更する方法

既にLINEモバイル契約済みで電話番号を変更するやり方と手順

LINEモバイルを既に契約済みで、電話番号のある音声通話SIMやデータ通信(SMS付き)SIMの電話番号を変更する方法は、

一度LINEモバイルを解約して、 LINEモバイルの契約申し込み画面で「新規番号での申込み」を選択して契約する方法になります。

LINEモバイルで既に使用してる電話番号は一度解約して、LINEモバイルで新しい電話電話番号での申込みをしない限り電話番号を変更することはできません。

まだLINEモバイル未契約で電話番号を変更するやり方と手順

まだLINEモバイルを契約していない場合は、

LINEモバイルの契約申し込み途中の「申込み区分」画面で「新規番号での申込み」を選択して契約すれば

LINEモバイルで新しい電話番号を発行してもらって契約することができます。

LINEモバイルの電話番号を変更するメリット

  • 迷惑電話などがかかってこなくなる
  • 業者からの営業電話がかかってこなくなる
  • 自分が気にいる電話番号が手に入る可能性がある
  • docomo、au、SoftBankからLINEモバイルに乗り換える場合MNP転出手数料の3000円が発生しない

LINEモバイルの電話番号を変更するデメリット

  • 家族や友達に新しい電話番号を連絡する必要がある
  • 新しい番号を覚え直す必要がある
  • 今まで使っていた電話番号で登録してある口座やクレジットカードなどの電話番号を変更する必要ががある
  • 既にLINEモバイルを契約していると再契約の手間がある

LINEモバイルで電話番号を変更する場合の2つの注意点

LINEモバイルで発行される電話番号は自分で選択できない

LINEモバイルで 「新規番号での申込み」で発行される電話番号は自分で複数の電話番号から選んだり電話番号を指定することはできません。

docomo、au、SoftBankのキャリア契約では複数の電話番号から選択することができたりしますが、LINEモバイルは070/080/090の選択や指定も、

その下位の番号6桁の選択も指定もできませんので注意が必要です。

LINEモバイルで新しい電話番号をもらう場合は音声通話SIMになる

LINEモバイルで新しい電話番号を貰う場合は音声通話SIMに限られます。

データ通信SIMやデータ通信(SMS付き)を選択した場合は、音声通話ができる電話番は発行されないので注意が必要です。