この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)

【裏技】LINEモバイルは18歳未満でも契約できる!やり方と手順

LINEモバイルは18歳未満の中学生や高校生の未成年であっても契約できる格安SIMです。

LINEモバイルは保護者の同意(申し込み画面の「親権者同意」の部分にチェック)があれば未成年であってもLINEモバイルの格安SIMを契約して使うことができます。

ここでは未成年でもLNIEモバイルを契約するためのやり方(方法)と手順を詳しく紹介します!

LINEモバイルは未成年でも契約申し込みができる格安SIM

LINEモバイルは未成年の18歳、19歳の方であればLINEモバイルを契約する時に出てくる

「親権者同意を得ている」の部分にチェックを入れれば未成年であっても契約することができます。

契約者が未成年かどうかは、入力した生年月日の内容から自動的に判定されます。

ただし、18歳未満の未成年はLINEモバイルを契約することはできません。

LINEモバイルを未成年が契約できる条件とは

LINEモバイルを未成年が契約できる未成年は18歳、19歳の未成年です。

LINEモバイルは18歳、19歳の未成年であれば、本人名義でLINEモバイルを契約して使うことができます。

未成年の定義本人名義での契約親権者の同意
18歳、19歳の未成年可能親権者の同意があれば契約可能
18歳未満の未成年不可親権者の同意があっても契約不可

ただし、親の名義で契約して18歳未満の未成年が使用することができます。この方法は中盤で解説しています。

未成年がLINEモバイルを契約するときは契約者名義と支払いの名義が同じであること

18歳、19歳の未成年がLINEモバイルを契約する場合は、契約者名義と、クレジットカードやLINE PayやLINE Payカードの支払い(決済)方法の名義が契約者名義と一致している必要があります。

LINEモバイルの契約者名義と支払い(決済)方法の名義が一致していないと審査に落ちるため契約できません。

LINEモバイルが未成年の人に人気で多くの人が契約している理由はクレジットカードを持っていなくても契約できるからです。

LINEモバイルは未成年でもクレジットカードで契約ができる

未成年であっても18歳以上であれば、クレジットカードを作ることができるので18歳、19歳の未成年でクレジットカードを持っていれば、

LINEモバイルを自分名義のクレジットカードを使って申し込むことができます。

LINEモバイルはクレジットカードがない未成年でも契約ができる

18歳以上であれば、未成年であってもクレジットカードを作ることができますが、

クレジットカードを持っていなくてもLINEモバイルはLINE Payという独自の決済方法を使うことで、クレジットカードなしで契約できます。

LINEモバイルをクレジットカードなしで契約するLINE Payの作り方

LINEモバイルはクレジットカードを持っていなくてもデビットカードとして使えるLINE Payカードを作れば、

クレジットカードを持っていなくても契約時にLINE Payカードの番号を入力することで

LINEモバイルの審査を難なく通過しLINEモバイルの格安SIMを入手することができます。

LINE PayカードはLINEアカウントがあれば誰でも作成が可能で、LINEから申し込むことで自宅にLINE Payカードが郵送されてきます。

LINE Payカードへのチャージはコンビニや銀行振込などの方法に対応しており一度もクレジットカードが必要な場面はありません

LINEモバイルをLINE Payで契約するやり方

LINEモバイルをLINE Payで契約するやり方は簡単で、LINEモバイルの契約申し込み画面の途中で出てくる

「支払方法選択」の部分でLINE Payを選択するだけです。

【完全保存版】LINEモバイルの申込みのやり方と全手順まとめ

LINE Payの申し込み方法・入手方法

LINEモバイルはLINE Payを使うことで口座振替ができますが、

LINE Payを使うには事前にLINE Payの申し込みをしてLINE Payカードを入手しておく必要があります。

LINEアプリからLINE Payの申し込み画面を開く

LINE Payカードを申し込む

LINE Payカードが届いたらチャージする

登録をすると自宅にLINE Payカードが送られてくるので、コンビニや銀行からチャージをすればすぐに使えるようになります。

LINEモバイルを18歳以下の高校生や中学生、小学生が利用するやり方

LINEモバイルに限らず18歳未満の未成年が本人名義で契約できる格安SIMは存在しません。

LINEモバイルは18歳未満の高校生や中学生、小学生用のスマホやiPhoneのSIMカードとして大人気ですが、本人名義では契約できません。

LINEモバイルはSIMカードを使用する人の制限はないため、保護者名義でLINEモバイルを契約して子供に利用させる方法が一般的です。

LINEモバイルは18歳未満の未成年の契約はできなくても利用はできる

LINEモバイルは18歳未満の未成年の契約はできませんが、利用することは可能でLINEモバイルからも推薦されているやり方です。

というより、18歳未満の未成年に格安SIMを使わせる方法はLINEモバイルを含めたすべての格安SIMでは、保護者名義でLINEモバイルを契約して子供に利用させる方法しかありません。

この理由は、18歳未満の未成年には支払能力がないとされているからです。

18歳未満の未成年であっても親にLINEモバイルを使えばスマホ代が大幅に節約できて家計の助けになる事実をしっかりと伝えれば、きっと理解してくれるはずです。

LINEモバイルは親が契約したSIMカードを使いまわしができる

LINEモバイルは契約者は18歳以上でなければ契約できませんが、

LINEモバイルの利用者に年齢制限はないため18歳未満の子供にLINEモバイルのSIMカードを使わせてもなにも問題はありません。

そのため子供用のSIMカードを親が契約して子供に使わせたり1枚のSIMカードを使いまわして外出する子供のスマホにセットして持たせることもできます。

LINEモバイルは月額500円だけで子供にスマホを持たせることができる

LINEモバイルは月額500円のワンコインだけで月に1GBの高速通信ができる格安SIMです。

この1GBというデータ容量(ギガ容量)は高速通信ができる容量が1GBあるという意味で1GB以上使っても速度が少し遅くなるだけでデータ通信のインターネットが使えなくなるわけではありません。

もちろん1GB以上使ってもLINEのトークでのメッセージの送受信やLINEの音声通話、ビデオ通話は全く問題なく利用できます。

LINEモバイルは契約しているプランのデータ容量を使い切ってもLINEアプリは速度制限の対象外なので常に快適に音声通話もビデオ通話も使えます。

LINEだけしか使わない人は月額500円の1GBで十分に足りる

もしSNSはLINEだけしか使わないという場合は、LINEフリープランがおすすめです。

月額500円だけで使えるという負担のない料金で、

LINEの音声通話もビデオ通話も画像や動画の送受信などのトークもすべてカウントフリー(データフリー)の対象となり使い放題なので

データ容量を一切消費しないだけでなく、速度制限中でもLINEの通信は速度制限の対象外なので、快適にビデオ通話も音声通話もできます。

【完全保存版】LINEモバイルのデータフリー・カウントフリーとなる通信内容まとめ

LINEモバイルのデータ通信SIMの音声通話は050のIP電話アプリを使う

LINEモバイルのデータ通信SIMで音声通話(電話)をするには050の電話番号のIP電話アプリを使うことで実現可能になります。

主に050の電話番号のIP電話アプリは「FUSION IP-Phone SMART」と「050 Plus」のどちらからを使えばLINEモバイルのデータ通信SIM(SMSあり/SMSなし)でも音声通話ができます。

「050 Plus」は月額300円の月額料金がかかりますが「FUSION IP-Phone SMART」は月額0円で利用できるので

基本的には「IP-Phone SMART」を使うことをおすすめします。

LINEモバイルのデータ通信SIMで音声通話をするやり方と方法まとめ

LINEモバイルのデータ通信SIMで音声通話(電話)を実現する2つのアプリ

  • IP-Phone SMART(月額料金無料で使えるIP電話アプリ)
  • 050 Plus(月額料金有料で使えるIP電話アプリ)

データ通信SIMで通話ができるアプリ「IP-Phone SMART」

「IP-Phone SMART」は月額料金無料のLINEモバイルのLINEモバイルのデータ通信SIM(SMSあり/SMSなし)で音声通話ができるアプリです。

月額料金がかからないだけではなく、通話料金も音声通話SIMの20円/30秒よりもかなり安い8円/30秒で電話をかけることができます。

着信した時は通話料金はかかりません。

「IP-Phone SMART」のアプリをiPhone、iPadの場合は「App Store」Androidスマホ、タブレットの場合は

「Google Play」から「IP-Phone SMART」のアプリをダウンロードとインストールをしたらクレジットカードを使って契約してログインするだけですぐに電話番号が発信されて、電話の着信も発信もできるようになります。

できるだけ安くスマホを使いたい、音声通話ができるスマホを作りたい場合は、

LINEモバイルの月額500円の「LINEフリープラン」+「IP-Phone SMART」のIP電話アプリの組み合わせが一番メリットが大きい方法です。