【必見】LINEモバイルがあればWiMAXがいらない理由とは?

【自宅のインターネットとして】LINEモバイルは最速の格安SIMで10GBの大容量プランがあるのでWiMAX(ワイマックス)を契約しなくてもLINEモバイルを自宅のインターネット回線として快適に使うことができます。

LINEモバイルは格安SIM最速の通信速度で実測で100Mbps〜160Mbpsほど出るのでWiMAXよりも通信速度が速かったりします。

LINEやSNSのTwitter、Facebook、Instagramの通信はカウントフリー(データフリー)機能で実際に使用したデータ量としてカウントされないので思う存分使うことができます。

LINEモバイルがあればWiMAXがなくてもインターネットが使える

LINEモバイルはWiMAXよりも通信速度がが速く10GBの大容量プランがあるので

自宅のインターネット用にWiMAXや光インターネット回線を契約しないでLINEモバイルだけでスマホの通信も自宅のインターネットもまかなっている人が多くいます。

LINEモバイルの全プランと各プランの月額料金

データ通信SIM月額料金データ容量
LINEフリープラン500円1GB
コミュニケーションフリー(SMS付き)プラン1110円3GB
1640円5GB
2300円7GB
2640円10GB
MUSIC+(SMS付き)プラン1810円3GB
2140円5GB
2700円7GB
2940円10GB
通話SIM(データ通信+音声通話SIM)月額料金データ容量
LINEフリープラン1200円1GB
コミュニケーションフリープラン1690円3GB
2220円5GB
2880円7GB
3220円10GB
MUSIC+プラン2390円3GB
2720円5GB
3280円7GB
3520円10GB

f:id:ijuin_ichiro:20181105210315p:plain

LINEモバイルはテザリングが無料で使える

LINEモバイルは月額500円のプランを含めて、1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのすべてのデータ容量プランでテザリングが無料で使えます。

データ通信SIMも音声通話SIM(データ通信+音声通話SIM)もテザリングが無料で使えるので、複数のパソコンやタブレット、スマホやゲーム機をLINEモバイルの1回線の契約だけでまかなうことができます。

LINEモバイルは完全無料でテザリングできる格安SIMです。

テザリングをどれだけ使ってもLINEモバイルの月額料金以外かかりません

しかもテザリングした場合もLINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagramの通信はテザリング先での通信であってもカウントフリー(データフリー)の対象なのでカウントフリーが適用されます。

LINEモバイルはPC(パソコン)を無料でテザリングできる格安SIM
LINEモバイルは月額500円プランでもテザリングが無料で使い放題

LINEモバイルは固定インターネット回線として使える

LINEモバイルは固定インターネット回線として使える格安SIMです。

自宅の固定インターネット回線として使うことができる性能となっていて他社の格安SIMにあるような、3日制限がなく、最初からテザリング機能が無料で使えるようになっています。

LINEモバイルは10GBの大容量プランがある

LINEモバイルには無制限プランはありませんが10GBの大容量プランがあり、データ通信SIMは月額2640円、音声通話SIMは3220円だけで使えます。

また10GB以上のデータ通信をしてもデータ通信(インターネット)もテザリングも音声通話も使えますし、

LINEとSNSはデータ消費ゼロの使い放題で速度制限の対象外となり速度制限中でも高速に通信ができます。

LINEモバイルは10GBの大容量プランが最安で使える人気の格安SIM!詳しく解説

LINEモバイルには3日速度制限がなくて使いやすい

LINEには3日間の通信速度制限(低速通信への速度規制)がないので短期間に大量のデータ通信をしたい場合も速度制限をされるということがありません。

LINEモバイルでテザリングをしていたり自宅のインターネット回線として使っていると容量の大きいゲームをダウンロードしたりゲームのアップデートなどで数GBのデータをダウンロードすることがあったりしますが、

そのような場合でも他の格安SIMでは速度制限がかかりますが、LINEモバイルは速度制限がかからないのでデータの使用量を気にせずに快適に使うことができます。

LINEモバイルはWiFiルーターにSIMを挿しても使える

LINEモバイルは無料でテザリング(スマホWiFiルーター化機能)を使える格安SIMなので、iPhone、iPad、Androidスマホ、Androidタブレット、Windowsタブレットを無料でWiFiルーター化することができます。

テザリング機能が有料の格安SIMもありますが、LINEモバイルは完全無料で使えるのでどれだけテザリングを使って

複数の端末を同時にインターネットに接続しても追加料金は一切かかりません

LINEモバイルはiPhoneを無料でWiFiルーターにできる格安SIM

LINEモバイルはiPhoneやiPadを無料でWiFiルーターにできる格安SIMです。

LINEモバイルのデータ通信SIMでも音声通話SIMでも1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのどのプランでもLINEモバイルはスマホをWiFiルーターにできるテザリングが無料で使えるので

iPhoneやiPadの設定画面から「インターネット共有」をオンにするだけでiPhoneやiPadをすぐにWiFiルーターにすることができます。

LINEモバイルはAndroidスマホを無料でWiFiルーターにできる格安SIM

LINEモバイルはAndroidスマホやAndoidタブレット、Windowsタブレットも

無料でWiFiルーターにできる格安SIMです。

LINEモバイルのデータ通信SIMでも音声通話SIMでも1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのどのプランでもLINEモバイルはスマホをWiFiルーターにできるテザリングが無料で使えるので

AndroidスマホやAndoidタブレットの設定画面から「テザリング」をオンにするだけですぐにWiFiルーターにすることができます。

LINEモバイルはiPhoneやAndroidスマホを無料でWiFiルーターにできる格安SIM

LINEモバイルは低速通信でも通信速度が高速

LINEモバイルは低速通信時でも実測で600kbps出るからほとんどの通信が使える

実際に月額500円だけで1GBの高速通信が使えるソフトバンク回線のLINEフリープランを挿したiPhone6sで高速データ通信のデータ残量をゼロになるまで使い切ってから速度テストをしました。

1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのどのプランを選んでも速度制限時の通信速度は同じです。

LINEモバイルのマイページで確認できる「データ残量」の画面でデータ残量が0MBになっていることが確認できると思います。

この状態で速度テストを行いました。ちなみに速度制限前の速度は下り137Mbps出ていました。

LINEモバイルはdocomo回線とSoftBank回線の2つを提供していますが、テストに使ったのはSoftBank回線です。

速度制限中の低速通信モードの時の通信速度をSpeedTest.netのアプリで数回計測しました。その結果、3時間ずつ時間をずらして計測したのもかかわらず実測で500kbps〜600kbpsも速度が出ていました。

体感速度もかなり速くYouTubeも普通に見えることができますし、速度制限がかかっていない時と比べてあまり違いを感じません。

LINEモバイルは速度制限中の低速通信モードの状態でもグーグルマップやグーグルナビは普通に使うことができました。

月10GBで足りない場合は最安のBroad WiMAXとLINEモバイルを組み合わせる

LINEモバイルの一番データ容量の大きい10GBプランでも足りない場合はすべてのポケットWiFiで最安で利用できるBroad WiMAXとLINEモバイルを組み合わせると無駄がありません。

Broad WiMAXは月額3411円でデータ容量無制限(ギガ容量無制限)のWiFiです。

最初の2ヶ月間は2726円だけで利用できそれ以降は3411円で利用できます。

24ヶ月以上使うと高くなるので24ヶ月で解約するのがお得です。

Broad WiMAXとLINEモバイルを合わせても月額5100円程度

  • LINEモバイル コミュニケーションフリープラン3GB: 1690円
  • Broad WiMAX ギガ放題プラン:  3411円

LINEモバイルの音声通話SIMとBroad WiMAXの使い放題のプランを合わせても月額合計5101円だけインターネットが使い放題になるので通信費をかなり節約できます。

LINEモバイルがあればWiMAXはいらない理由まとめ

LINEモバイルは最速の格安SIMで10GBの大容量プランがあるのでWiMAXを契約しなくてもLINEモバイルを自宅のインターネット回線として快適に使うことができます。

WiMAXの7GBプランなどを契約するくらいならLINEモバイルの10GBプランで使うほうがかなりお得です。

10GBの容量があればスマホ+インターネット回線としても十分な容量

LINEモバイルの10GBの容量は少ない?と思うかもしれませんが実は十分な容量なのです。

スマホを使っている人1842人にアンケートをとった結果、月間通信量は「1GB以下」が21.9%、「2GB以下」が21.4%、「3GB以下」が12.7%となり、56%のユーザーが3GB以下となっており3GBもあれば十分なのです。

スマホを使っている人1842人にアンケートをとった結果、月額3GB以下が41.4%、2GB以下が23.1%となっており約6割以上の人が3GB以下のプランで足りています。

7GB分は自宅のインターネットとして使える

LINEモバイルの10GBプランはスマホで月3GBのデータ容量を使ってもまだ7GBの容量が余るので、その分を自宅のインターネット用として使えます。

インターネット用WiFiと言えばUQ WiMAXが人気ですが7GBプランで月額3696円(税抜)かかります。

LINEモバイルは10GBの大容量プランがあり、データ通信SIMは月額2640円、音声通話SIMは3220円だけで使えます。

データ通信SIM月額料金データ容量
LINEフリープラン500円1GB
コミュニケーションフリー(SMS付き)プラン1110円3GB
1640円5GB
2300円7GB
2640円10GB
通話SIM(データ通信+音声通話SIM)月額料金データ容量
LINEフリープラン1200円1GB
コミュニケーションフリープラン1690円3GB
2220円5GB
2880円7GB
3220円10GB

f:id:ijuin_ichiro:20181105210315p:plain

LINEモバイルは格安SIM最速の通信速度で実測で100Mbps〜160Mbpsほど出るのでWiMAXよりも通信速度が速かったりします。