LINEモバイルは高速低速の速度切替やバースト転送機能がない格安SIM!それでも満足度ナンバー1である理由

LINEモバイルにはバースト転送機能がありません

またLINEモバイルには高速通信と低速通信の切り替え機能がありません

それでもLINEモバイルが利用者満足度ナンバー1を獲得していて大人気なのは、

バースト転送や低速高速通信の速度切替機能がなくても月額料金が安く、速度制限がかかっても速度が速く、低速通信ときでもLINE、Twitter、Facebook、Instagramは高速通信で使えるデータフリー(旧名:カウントフリー)があるからです。

また、LINEモバイルにしかないLINE、Twitter、Facebook、Instagramをどれだけ使っても使用したデータ用としてカウントされないデータフリー(旧名:カウントフリー)があるからです。

LINEモバイルは高速低速の速度切替がない格安SIM

LINEモバイルには高速通信と低速通信を切り替える機能はありません。

一部の格安SIMには高速通信と低速通信(低速モード)を専用のアプリで切り替えができるものがありますが、LINEモバイルにはありません。

高速通信と低速通信を切り替える機能がないのにLINEモバイルが格安SIMで一番人気な理由は、低速通信でも速度が他の格安SIMよりもかなり速いことと、

低速通信ときでもLINE、Twitter、Facebook、Instagramは高速通信で使える、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの通信は使用してデータ量のカウントの対象外となる機能とデータフリー(旧名:カウントフリー)があるからです。

LINEモバイルは契約しているプランのデータ量を使ったら低速通信になる

LINEモバイルに限らず格安SIMはデータ容量(ギガ容量)が複数あってLINEモバイルの場合は1GB,3GB,5GB,7GB,10GBの5つのデータ容量のプランがあって契約時に選択することができます。

また、LINEモバイルは契約後でもマイページから無料でプラン変更を自由にできます。

この1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのデータ容量を使い切った場合は、翌月の1日まで200kbpsの速度制限がかかります。

LINEモバイルの速度制限や低速通信の規制内容と通信速度の詳細!解除されるタイミングや低速通信の確認方法まで

LINEモバイルはバースト転送・バーストモードがない格安SIM

LINEモバイルは残念ながらバースト転送(バーストモード)に対応していない格安SIMです。低速通信時でもバースト転送には対応していません。

  • バースト転送(バーストモード): LINEモバイルは非対応

それでもLINEモバイルは速度制限中の低速通信であっても600kpsくらいの通信速度がでる、低速通信時でも速度が速い格安SIMなので、バースト転送(バーストモード)がある格安SIMよりも快適に使うことができます。

バースト転送(バーストモード)がある格安SIMは、最初の一瞬だけ高速で読み込みが速くできますが、すぐに200kpsの速度に制限されるのでLINEモバイルほど速くはありません。

LINEモバイルは格安SIMで最安値の月額料金

LINEモバイルにはLINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランの3つのプランがあります。

それぞれ月額料金やデータフリーというLINEやSNSのTwitter、Facebook、Instagramの通信が使用した通信量としてカウントされな機能があり、プランによって内容が異なります。

他の格安SIMと1GB,3GB,5GB,7GB,10GBの同じデータ容量の月額基本料金と比較をしてもLINEモバイルは格安SIMで最安の月額料金になっています。

データ通信SIM月額料金データ容量
LINEフリープラン500円1GB
コミュニケーションフリー(SMS付き)プラン1110円3GB
1640円5GB
2300円7GB
2640円10GB
MUSIC+(SMS付き)プラン1810円3GB
2140円5GB
2700円7GB
2940円10GB
通話SIM(データ通信+音声通話SIM)月額料金データ容量
LINEフリープラン1200円1GB
コミュニケーションフリープラン1690円3GB
2220円5GB
2880円7GB
3220円10GB
MUSIC+プラン2390円3GB
2720円5GB
3280円7GB
3520円10GB

LINEモバイルは高速低速の速度切替やバースト転送機能はないですが他の格安SIMよりも月額料金が安いので、他の格安SIMで同じ月額料金の容量の多いプランを契約して常に高速通信で快適に使うことができます。

LINEモバイルは低速通信でも通信速度が速い格安SIM

LINEモバイルが人気の理由はこの1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのデータ容量を使い切った場合は、翌月の1日まで200kbpsの速度制限がかかりますが、

この速度制限の内容が他の格安SIMよりもかなりゆるく高速通信ができるからです。

実際に月額500円だけで1GBの高速通信が使えるソフトバンク回線のLINEフリープランを挿したiPhone6sで高速データ通信のデータ残量をゼロになるまで使い切ってから速度テストをしました。

速度制限中の低速通信モードの時の通信速度をSpeedTest.netのアプリで数回計測しました。

その結果、3時間ずつ時間をずらして計測したのもかかわらず実測で500kbps〜600kbpsも速度が出ていました。

体感速度もかなり速くYouTubeも普通に見えることができますし、速度制限がかかっていない時と比べてあまり違いを感じません。

とても快適に使うことができました。

LINEモバイルの速度制限や低速通信の規制内容と通信速度の詳細!解除されるタイミングや低速通信の確認方法まで

LINEモバイルは速度制限の低速通信になりにくい格安SIM

LINEモバイルは高速通信と低速通信を切り替える機能がない格安SIMですが、低速通信になりにくい理由は、LINEモバイルにはLINEモバイルだけにあるLINEとSNSで使った通信のデータ容量(ギガ容量)を消費しないデータフリー(旧名: カウントフリー機能)があるからです。

LINEモバイルはLINEアプリでの音声通話やビデオ通話、画像やビデオの送受信などで使ったデータ量(ギガ容量)やSNSのTwitter、Facebook、Instagramで使ったデータ量(ギガ容量)をどれだけ使っても使用したデータ量としてカウントされません。

そのため、他の格安SIMよりもデータの使用量が大幅に減少するため低速通信になりにくいというメリットがあります。

LINEモバイルの速度制限が解除されるタイミングは翌月初日

仮にLINEモバイルで速度制限がかかった場合は解除されるタイミングは翌月1日です。

翌月1日には契約しているプランの1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのデータ容量(ギガ容量)が丸々戻るので速度制限が解除されて高速通信ができるようになります。

LINEモバイルが速度制限の低速になってもデータチャージで即解除できる

LINEモバイルは速度制限がかかって低速通信モードになった場合は翌月1日までまてば速度制限は解除されますが、データチャージという方法を使っても速度制限を即解除することができます。

ただし、データチャージの追加購入は無料ではなく有料で500MB(0.5GB)、1GB、3GBの3つの容量から選択して1月に3回までデータチャージすることができます。

  • 500MB:500円
  • 1GB:1,000円
  • 3GB:3,000円

データチャージはLINEモバイルのマイページから行うことができます。

データチャージをすると即速度制限が解除され、高速通信ができるのでどうしても通信速度が必要な場合は速度制限を解除することができて便利です。

LINEモバイルは低速通信ときでもLINE、Twitter、Facebook、Instagramは高速通信ができて速度制限の対象外

LINEモバイルは契約している1GB、3GB、5GB、7GB、10GBのプランのデータ容量であるギガ容量を使い切ってもLINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagramの速度制限の対象外です。

これは日本国内で発売さえているすべての格安SIMの中でLINEモバイルだけの機能です。

  • LINEフリープラン:速度制限中もLINEの通信は速度制限の対象外
  • コミュニケーションフリープラン: 速度制限中もLINEとSNSの通信は速度制限の対象外
  • MUSIC+プラン:速度制限中も LINEとSNSとLINE MUSICの通信は速度制限の対象外

仮に速度制限がかかっている状態でもLINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagramの通信はすべて速度制限の対象外なので、常に高速な速度でLINEが使えます。

これはすべての格安SIMで唯一無二のLINEモバイルだけの機能です。

LINEモバイルはLINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題のデータフリー(カウントフリー)

LINEモバイルにはデータフリーというLINEやSNSのTwitter、Facebook、Instagramの通信が使用した通信量としてカウントされな機能があり、プランによって内容が異なります。

そのため、LINEやSNSのTwitter、Facebook、Instagramはどれだけ大量に通信をしてもデータ消費量(ギガの消費)はゼロです。

  • LINEフリープラン:LINEの通信全てがデータフリー
  • コミュニケーションフリープラン: LINEとSNSの通信がデータフリー
  • MUSIC+プラン: LINEとSNSとLINE MUSICの通信がデータフリー

そのため、LINEをよく使う場合はLINEフリープラン、LINEやSNSをよく使う場合はコミュニケーションフリープラン、

LINEとSNSのとLINE MUSICをよく使う場合はMUSIC+プランを選ぶと大量にデータ通信をしてもデータの消費量はゼロになるので月額料金の安い3GBや1GBのプランで足りるようになります。

LINEモバイル以外の格安SIMは、LINE、SNS、LINE MUSICで使ったデータ量はすべて使用したデータ容量(ギガ容量)としてカウントされるので月額料金の高い大容量のプランを選ぶことになり、結果的に高く付きます。

LINEモバイルは高速低速の速度切替やバースト転送機能がなくても快適に使える

LINEモバイルにはバースト転送機能や高速通信と低速通信の切り替え機能がないですが、

速度制限がかかっても速度が速く低速通信ときでもLINE、Twitter、Facebook、Instagramは高速通信で使えるデータフリー(旧名:カウントフリー)があるからです。

また、カウントフリー機能でLINE、Twitter、Facebook、Instagramで使ったデータ容量(ギガ容量)は使用したデータ容量としてカウントされません。

そのため、他の格安SIMよりもデータの使用量が大幅に減少するため低速通信になりにくいというメリットがあります。

LINEモバイルはデータ通信のみなら月額500円、音声通話SIMでも月額1200円で使えるのではじめての格安SIMに利用者満足度ナンバー1のLINEモバイルを選んでおけば間違いありません。