この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)

LINEモバイルはモンストが一番快適にプレイできる最安最速の格安SIM


コスパ最高で人気ナンバー1のLINEモバイルが提供休止になってLINEMOになりました。「LINEモバイルの完全上位互換」として人気なのが「LINEMO(ラインモ)」です。

LINEモバイルと比べてデメリットなどは一切なし、LINEのギガ消費ゼロ&5G対応&ソフトバンク株式会社が提供しているので安心してLINEモバイルを契約していた人もLINEMOに乗り換えています。


↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

【レビュー】LINEモバイルは数ある格安SIMの中でモンスト(モンスターストライク)を一番快適にプレイできる格安SIMです。

ここでは、LINEモバイルのdocomo回線、SoftBank回線、au回線を挿入しているiPhoneでモンスト(モンスターストライク)をプレイした感想レビューと

モンスト(モンスターストライク)をプレイするには最速最安のLINEモバイルの格安SIMが一番メリットが大きい理由を詳しく紹介します。

モンストはLINEモバイルの格安SIMなら快適にプレイして遊べる

モンスト(モンスターストライク)は格安SIMのLINEモバイルを挿したiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットであれば快適にプレイして遊ぶことができます。

LINEモバイルはdocomo回線のSIMとSoftBank回線のSIMの2つを提供していますが、

どちらの回線も格安SIM最速の通信速度なのでモンスト(モンスターストライク)を快適にプレイすることができます実際にテストして確認済みです。

他の格安SIMではよく起きるローディング待ちやゲームスタートまでの待ち時間がほぼなくdocomoやau、SoftBankと契約している時と全く同じようにサクサクとプレイできます。

LINEモバイルのdocomo回線の格安SIMでモンストをプレイしたレビュー

docomoで購入したdocomo版のiPhoneにLINEモバイルのdocomo回線のSIMカードを挿入してかなりテストしましたが、すごく快適にプレイできています。

docomoからLINEモバイルに格安SIMに乗り換えたiPhoneですがdocomoを契約していたときよりも快適にプレイできています。

LINEモバイルのSoftBank回線の格安SIMでモンストをプレイしたレビュー

SoftBankで購入したSoftBank版のiPhoneにLINEモバイルのSoftBank回線のSIMカードを挿入してdocomo回線同様にかなりテストしましたが、すごく快適にプレイできています。

SoftBankからLINEモバイルに格安SIMに乗り換えたiPhoneですがSoftBankを契約していたときよりも快適にプレイできています。

ゲームスタートまでの待ち時間もなくローディングも一瞬で終わります。

LINEモバイルは日本国内で最速の通信速度の格安SIM

LINEモバイルはdocomo回線とSoftBank回線の2つのSIMカードを提供していますが、どちらの回線も日本国内で販売されている格安SIMで通信速度が最速の格安SIMです。

docomo回線もSoftBank回線も他のどの格安SIMと比べ物にならないほど快適に使えます。

LINEモバイルも格安SIM(格安スマホ)最速を宣言しており、宣言どおりに実現されています。

LINEモバイルでモンストをプレイするのに必要なデータ容量(ギガ容量)と速度

モンストをプレイすると消費するデータ容量(ギガ容量)と必要な通信速度は以下のとおりです。

  • モンストをプレイすると消費するデータ容量: 1プレイ1MB
  • モンストをプレイするのに必要な通信速度: 最低1Mbps(マルチプレイに必要な速度)

モンストをプレイすると1プレイ1MB(1000KB)消費します。またモンストを快適にプレイするには最低でも1Mbpsの通信速度が必要です。

LINEモバイルはdocomo回線は最低でも30Mbps以上、SoftBank回線は最低でも50Mbpsの通信速度が実測ででる最速の格安SIMなので通信速度は十分すぎるくらいに満たしています。

モンストをプレイするのにおすすめのLINEモバイルのデータ容量プラン

LINEモバイルは1GB,3GB,5GB,7GB,10GBの5つのデータ容量のプランを提供していて契約時や契約後にでも自由に選べて無料でプラン変更ができるので

3GBまたは5GBのプランを選択しておけばまずデータ容量(ギガ容量)が足りなくなることはありません。

  • モンストをプレイするのにおすすのプラン: 3GBまたは5GBプラン

LINEモバイルは速度制限中の低速通信でもモンストをプレイできる格安SIM

実際に月額500円だけで1GBの高速通信が使えるソフトバンク回線のLINEフリープランを挿したiPhone6sで高速データ通信のデータ残量をゼロになるまで使い切ってから速度テストをしました。

LINEモバイルのマイページで確認できる「データ残量」の画面でデータ残量が0MBになっていることが確認できると思います。

この状態で速度テストを行いました。ちなみに速度制限前の速度は下り137Mbps出ていました。

速度制限中の低速通信モードの時の通信速度をSpeedTest.netのアプリで数回計測しました。その結果、3時間ずつ時間をずらして計測したのもかかわらず実測で500kbps〜600kbpsも速度が出ていました。

体感速度もかなり速く、速度制限がかかっていても少しローディング時間がかかるようになるだけで普通にプレイできました。

そのため、少しローディング時間がかかってもいいのであれば月額500円の1GBプランを契約して速度制限を気にせずにモンストをプレイするという方法もコスパ最高なのでいいと思います。

(LINEモバイルの最安プランは月額500円だけで利用できます)

LINEモバイルを使うと安くモンストをプレイできるスマホを作れる

LINEモバイルは1GB,3GB,5GB,7GB,10GBの5つのデータ容量のプランから選べますが、どのプランも格安SIM最安クラスの料金です。

最安のプランの1GBは月額500円で使え、3GBプランでも月額1200円だけで使えるのでモンストを月額1200円だけで快適にプレイできるスマホを作ることができます。

データ通信SIM 月額料金 データ容量
LINEフリープラン 500円 1GB
コミュニケーションフリー(SMS付き)プラン 1110円 3GB
1640円 5GB
2300円 7GB
2640円 10GB
MUSIC+(SMS付き)プラン 1810円 3GB
2140円 5GB
2700円 7GB
2940円 10GB
通話SIM(データ通信+音声通話SIM) 月額料金 データ容量
LINEフリープラン 1200円 1GB
コミュニケーションフリープラン 1690円 3GB
2220円 5GB
2880円 7GB
3220円 10GB
MUSIC+プラン 2390円 3GB
2720円 5GB
3280円 7GB
3520円 10GB

また自宅にWiFiがある場合もWiFiに接続中の通信はLINEモバイルのデータ容量(ギガ容量)は消費しないので月額500円の1GBで十分に足ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク