【フィルタリング無料】LINEモバイルはiフィルターが無料で使える!機能や設定申込み方法まとめ

LINEモバイルはiフィルターのフィルタリングアプリ(フィルタリングオプション)が唯一無料で使える格安SIMです。

月額500円の最安のプランでもすべてのプランで無料で使えます

他の格安SIMではiフィルターのフィルタリングアプリは有料ですがLINEモバイルだけは無料なので、無料で子供をネット上の危険から守ることができます。

利用者が18歳未満にはフィルタリングアプリの導入が義務つけられているので

子供のスマホ用にLINEモバイルを使えば月額料金もフィルタリングアプリも合わせて月額500円だけで使えて、子供を有害な情報から守ったりインターネットの利用時間を制限できます。

LINEモバイルは格安SIMで唯一iフィルターのフィルタリングアプリが無料

LINEモバイルは格安SIMで唯一iフィルターのフィルタリングアプリが無料で使えます。

LINEモバイルは青少年保護の観点からフィルタリングアプリを無料で提供してくれています。

LINEモバイル以外の格安SIMでiフィルターのフィルタリングアプリを使う場合は月額300円〜600円ほど料金がかかりますが、

LINEモバイルは月額500円のプランを含めて全プランでiフィルターのフィルタリングアプリが無料で使えます。

  • LINEモバイルの格安SIM: フィルタリングアプリ「iフィルター」が無料
  • LINEモバイル以外の格安SIM: フィルタリングアプリ「iフィルター」は月額300円〜800円で有料

iフィルターのフィルタリングアプリはPTAが推進してる商品でとても性能が高く、通常は無料で利用できるようなものではありません。

フィルタリングとは?

LINEモバイルではフィルタリングアプリとしてiフィルターが無料で使えるますが、そもそもフィルタリングとは、

ネット上の有害なウェブページやサイトなどをフィルターを通すように有害が無害かを判断して無害な情報だけ見れるようにする仕組みです。

ほとんどの格安SIMではフィルタリングアプリのiフィルターは有料ですが、LINEモバイルだけでは青少年保護の観点からフィルタリングアプリを無料で提供してくれています。

LINEモバイルの格安SIMは「フィルタリングオプション」が無料

LINEモバイルは本来有料でLINEモバイル以外の格安SIMでは有料になっている「i-フィルター」のフィルタリングアプリを無料で使うことができます。

ダウンロードもインストールも、月額料金も完全に無料なので子供用のスマホやiPhoneなどの端末のSIMカードにはLINEモバイルが一番お得で、

月額料金の最安の500円だけで「i-フィルター」のフィルタリングアプリも使えるので毎月節約ができます。

iフィルターのフィルタリングアプリの機能

LINEモバイルの無料で使えるiフィルターのフィルタリングアプリ(フィルタリングオプション)は以下の5つの機能が完全無料で使えます。

  • アプリ警告機能
  • ウェブサイトフィルタリング(Android/iOS)
  • アプリフィルタリング(Androidのみ)
  • 端末の利用時間の確認の制限
  • 通話発着信履歴の確認(Android/iOS)
  • 位置情報履歴の確認
  • 検索単語ランキングの確認

アプリ警告機能

個人情報を抜き取って送信するようなアプリは起動時に警告画面を表示してくれるので個人情報が送信されたり漏れることがなくなります。

得にAndroidスマホのアプリには個人情報を抜き取るものやスパイウェアなどが含まれるアプリが多いのでかなり有効です。

ウェブサイトフィルタリング

アダルトやギャンブル、殺人や自殺、爆弾の作り方などの有害なウェブサイトは表示できないように制限することができます。

また設定も簡単にできるようになっており、利用者の年齢を設定すると自動的に以下の内容で設定がされるので安心です。

出典:i-フィルター公式サイト

また、個別にURLでフィルタリングをかけることができるので見せたくないサイトを完全に見れないようにブロックすることもできます。

アプリフィルタリング

スマホ利用者の年齢に合わせて有害となるアダルトやギャンブル、殺人などの暴力的な内容のアプリやSNSなどは起動できないようにできます。

他のパソコン(PC)やスマホから子供のインターネットの利用状況を確認できます

ブロックされたサイトや、検索した単語がわかるので、利用者が「いま何に興味があり、どのようにインターネットを利用しているか」の把握ができるので安心です。

端末の利用時間の確認と制限

曜日や時間帯ごとでスマホの利用を制限することができるのでスマホの使いすぎや親に隠れて夜にスマホを使うなどを防ぐことができます。

具体的には、直近の7日のスマホとインターネットの利用状況と直近3日月の利用状況を確認することができるので、ブロックしたサイトや禁止キーワードの検索の回数が右肩上がりになったいれば、この利用状況のデータをもとに子供と話合うことができます。

子供のインターネットの使いすぎは健康や脳、体の成長に影響を及ぼす危険性があるので使いすぐによく悪影響を防ぐことができます。

具体的に設定できる内容は以下の通りです。

  • スマホ本体を利用できる時間帯
  • 一日にスマホを利用できる時間
  • インターネットの利用時間帯の制限(曜日ごとにも可能)

通話発着信履歴の確認(Android/iOS)

利用者がいつ誰と(電話番号や連絡先)何分電話をしたのかの通話の発信と着信の履歴を確認することができます。

位置情報履歴の確認

GPS情報を使って利用者が現在いる居場所や行った場所や行動履歴を確認することができます。

親は何もしなくても自動的に子供がいた位置情報を収集して記録するので後で確認することもできますし、指定した曜日と時間に子供の現在位置を親のスマホに通知することもできます。

検索単語ランキングの確認

iフィルターには子供が最近どのようなキーワードでネットを検索したのかを確認できる検索単語ランキング機能があります。

このランキングを見ることで最近子供が興味をもっている内容や単語、情報を知ることができ、子供の犯罪の予防に役立ちます。

LINEモバイルの無料で使えるi-フィルターの申込み方法

LINEモバイルのi-フィルターの申込みはLINEモバイルの契約申込み時と契約後のどちらでも申し込むことができます。

それぞれの申込み方法を紹介します。

LINEモバイルの契約申込み時にi-フィルターを申し込むやり方

LINEモバイルの契約申込み時にi-フィルターを申し込む方法は、

「利用者の設定について」項目で「利用者と契約者が違います。」を選択し、利用者の生年月日を入力すると、

利用者が18歳未満であれば、フィルタリングアプリの利用有無の表示がされますので、そこで「利用する」を選択すれはi-フィルターの申込みは完了です。

LINEモバイル契約後にi-フィルターを申し込むやり方

LINEモバイルは契約時に利用者が18歳未満で申し込んでいれば、LINEモバイル契約後でもLINEモバイルのマイページからi-フィルターを申し込むことができます

LINEモバイルのマイページにログインしたら、「マイページ」の「プラン・オプション」ページの「フィルタリングアプリ申し込み」からiフィルターを申し込むことができます。

LINEモバイルはi-フィルターが無料で子供のスマホ用として爆発的な人気がある

LINEモバイルは格安SIMで唯一、iフィルターのフィルタリングアプリが無料で使えます。

LINEモバイル以外の格安SIMでiフィルターのフィルタリングアプリを使う場合は月額300円〜600円ほど料金がかかりますが、

LINEモバイルは月額500円のプランを含めて全プランでiフィルターのフィルタリングアプリが無料で使えます

【保存版】LINEモバイルの全料金プランと特徴・月額料金一覧
【保存版】LINEだけならLINEモバイルの500円の1GBプランで十分な理由まとめ
  • LINEモバイルの格安SIM: フィルタリングアプリ「iフィルター」が無料
  • LINEモバイル以外の格安SIM: フィルタリングアプリ「iフィルター」は月額300円〜800円で有料

iフィルターのフィルタリングアプリはPTAが推進してる商品でとても性能が高く、通常は無料で利用できるようなものではありません。

LINEモバイルは月額500円プランでもi-フィルターが無料で使える

LINEモバイルにはデータ通信だけであれば月額500円だけで使えるプランがありますが、

最安の月額500円プランでもLINEモバイルはiフィルターのフィルタリングアプリが無料で使えます。

子供のスマホ用にLINEモバイルを使うと月額500円だけでデータ通信のインターネットもLINEもできて、

フィルタリングアプリも導入できるので家計の負担なく子供にスマホを持たせて監視しながら使わせることができます。

子供のスマホ用のSIMカードとフィルタリングを一番安く使えるのはLINEモバイルで他社の格安SIMはi-フィルターの利用料だけで月額500円を超えたりするのでコスパナンバー1となっています。