この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです(^^)

LINEモバイルはHUAWEIのスマホで使える!対応機種と使い方

【最新対応完全リスト】LINEモバイルはHUAWEI(ファーウェイ)のスマホやタブレットでデータ通信も音声通話(電話)も使えます。

LINEモバイルはHUAWEI P20 liteやHUAWEI nova lite 2、novaシリーズ、Mateシリーズ、HUAWEI honorシリーズを始めるとするすべてのHUAWEIのスマホに対応していて快適に使うことができます。

LINEモバイルはHUAWEI(ファーウェイ)で使える相性の良い格安SIM

LINEモバイルはHUAWEI(ファーウェイ)のすべてのスマホで使うことができ、データ通信のインターネットも音声通話(電話)もSIMカードを挿入して初期設定のAPN設定をするだけですぐに使えます

HUAWEIの端末に設定するLINEモバイルのAPN設定情報

LINEモバイルのSIMカードを挿入したHUAWEI(ファーウェイ)のスマホに以下のAPNの設定をすればすぐにデータ通信ができます。

070/080/090の音声通話(電話)はSIMカードを挿してLINEモバイルのマイページから回線の開通手続きをすればAPNの設定をしなくても着信も発信も使えます。

以下の項目以外の内容は設定をしなくてもデータ通信(インターネット接続)には影響ありません。

  • 名前: LINEモバイル(好きな名前で良い)
  • APN: line.me
  • ユーザー名: line@line
  • パスワード: line
  • 認証タイプ: PAPまたはCHAP

LINEモバイルはHUAWEI(ファーウェイ)のスマホを推薦スマホとして認定しており

HUAWEI P20、HUAWEI P20 lite、HUAWEI nova lite 2、HUAWEI MediaPad T5はセットで購入できるスマホとなっているので

HUAWEI(ファーウェイ)のスマホはLINEモバイルとの相性も抜群です。

LINEモバイルが対応している全HUAWEIのスマホ

LINEモバイルのdocomo回線でもSoftBank回線でも使えるHUAWEIのスマホ

以下のHUAWEIの端末はLINEモバイルのドコモ回線のSIMカードでもソフトバンク回線のSIMカードでも

どちらでもデータ通信のインターネットも音声通話も使うことができます。

  • HUAWEI P20 lite SIMフリー
  • HUAWEI P10 lite SIMフリー
  • HUAWEI P8 lite SIMフリー
  • HUAWEI nova 3 SIMフリー
  • HUAWEI nova SIMフリー
  • HUAWEI nova lite 2 SIMフリー
  • HUAWEI nova lite SIMフリー
  • HUAWEI Mate 20 Pro SIMフリー
  • HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー
  • HUAWEI Mate 10 lite SIMフリー
  • HUAWEI Mate 20 lite SIMフリー
  • HUAWEI Mate 9 SIMフリー
  • HUAWEI P20 SIMフリー
  • HUAWEI P10 SIMフリー
  • HUAWEI P9 SIMフリー
  • HUAWEI P9 lite SIMフリー
  • HUAWEI P9 lite PREMIUM SIMフリー
  • HUAWEI honor 9 SIMフリー
  • HUAWEI honor 8 SIMフリー
  • HUAWEI P10 Plus SIMフリー
  • HUAWEI GR5 SIMフリー
  • HUAWEI Ascend Mate7 SIMフリー
  • HUAWEI P8max SIMフリー
  • HUAWEI honor6 Plus SIMフリー
  • HUAWEI Ascend G620S SIMフリー
  • HUAWEI Ascend G6 SIMフリー
  • HUAWEI Ascend P7 SIMフリー
  • HUAWEI Mate S SIMフリー
  • HUAWEI Y6 SIMフリー

LINEモバイルのdocomo回線で使えるHUAWEIのスマホ

以下のHUAWEIの端末はLINEモバイルのドコモ回線のSIMカードでSIMカードでSIMロックを解除しなくてもSIMカードをさすだけでデータ通信のインターネットも音声通話も使うことができます。

SIMロックを解除すればLINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカードでも使えます。

  • HUAWEI P20 Pro HW-01K docomo
  • HUAWEI Ascend D2 HW-03E docomo
  • HUAWEI Ascend HW-01E docomo

LINEモバイルのSoftBank回線で使えるHUAWEIのスマホ

以下のHUAWEIの端末はLINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカードでSIMカードでSIMロックを解除しなくてもSIMカードをさすだけでデータ通信のインターネットも音声通話も使うことができます。

SIMロックを解除すればLINEモバイルのドコモ回線のSIMカードでも使えます。

  • HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank
  • HUAWEI Mate 10 Pro SoftBank
  • HUAWEI nova lite 2 SoftBank

SIMロック解除すればLINEモバイルの格安SIMで使えるHUAWEIのスマホ

以下のauのHUAWEIの端末はSIMロックがかかっているためLINEモバイルのドコモ回線のSIMカードもソフトバンク回線のSIMカードもそのままの状態では使えません。

しかしSIMロックを解除すればLINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカードでもドコモ回線のSIMカードでもでデータ通信のインターネットも音声通話も使うことができます。

  • HUAWEI P20 lite HWV32 au
  • HUAWEI nova 2 HWV31 au
【保存版】無料でauのAndroidスマホやiPhoneのSIMロックを解除する方法

LINEモバイルを契約する時はSIMカードのサイズに注意

SIMカードにはnanoSIM、microSIM、標準SIMのSIMカードのサイズがありますが、LINEモバイルのは3つのSIMカードのサイズを自由に選択して契約ができます。

HUAWEI(ファーウェイ)のスマホは機種によって対応しているSIMカードの種類が異なりますのでLINEモバイル契約時のSIMカードのサイズの選択では注意が必要です。

【完全保存版】LINEモバイルの申込みのやり方と全手順まとめ

1つの端末に2枚のSIMカードが使えるDSDSやDSDV対応機種の場合は各スロットが対応しているSIMカードのサイズが違ったりするので気をつけてください。

LTE(4G)対応のすべてのHUAWEIのスマホでLINEモバイルが使える

上にLINEモバイルが使えるHUAWEI(ファーウェイ)のスマホをリストにしましたが、

このリストにないHUAWEI(ファーウェイ)のスマホでもLTE(4G)での通信に対応したHUAWEI(ファーウェイ)のスマホであればLINEモバイルは使えます。

  • LINEモバイルが使える条件: LTE(4G)に対応したHUAWEIの全端末

LINEモバイル契約時にHUAWEIのスマホがセットで購入できる

LINEモバイルはSIMカード単体だけでなくスマホとセットでも契約することができます。

LINEモバイルでセットで購入できるHUAWEIのスマホはHUAWEI P20、HUAWEI P20 lite、HUAWEI nova lite 2、HUAWEI MediaPad T5の4機種です。

LINEモバイルはHUAWEI(ファーウェイ)のスマホを推薦スマホとして認定しており、HUAWEI P20、HUAWEI P20 lite、HUAWEI nova lite 2、HUAWEI MediaPad T5はセットで購入できるスマホとなっているのでHUAWEI(ファーウェイ)のスマホはLINEモバイルとの相性も抜群です。

契約時にスマホとセットを選ぶと、LINEモバイルのSIMカードを本体にセットして初期設定を完了した状態で発送してくれます。

ただし、時期によって在庫がない場合があるので「LINEモバイルの販売端末一覧」を見て「一部品切れ」と表示されていなければ在庫があります。

「品切れ」状態で在庫がなかった場合は2日ほど待ってから再度確認してみてください。

HUAWEIのスマホはLINEモバイルのdocomo回線もSoftBank回線も両方使える

HUAWEI(ファーウェイ)のスマホはSIMフリー端末でdocomoの電波(周波数バンド)とSoftBankの電波(周波数バンド)の両方に対応しているので、どちらの回線を選択してもデータ通信のインターネットも音声通話も使えます。

LINEモバイルはdocomo回線とSoftBank回線の2つを提供していて申し込み時に選べます。

LINEモバイルのドコモ回線とソフトバンク回線の違いは、利用できるエリア、対応周波数(バンド)、利用できる端末、通信速度、データチャージの内容です。

【比較】LINEモバイルのドコモ回線とソフトバンク回線の違いと選び方

通信速度を優先するならソフトバンク回線がおすすめ

LINEモバイルのソフトバンク回線は日本国内で販売されている格安SIMで最速の通信速度です。

とにかく通信速度が速く昼休みの時間や通勤時間でもものすごく速度が速く50Mbpsを下回ったのを見たことがありません。

昼休みの時間や通勤時間以外の時間は100Mbpsを簡単に超えて150Mbpsも出る超高速な通信速度の回線です。

通信エリアの広さを優先するならドコモ回線がおすすめ

LINEモバイルのドコモ回線は人口カバー率が100%です。

そのため、基本的に自分が住んでいる場所には電波がありますし、よっぽど人が来ないような場所などでなければ電波があるので、

LINEモバイルで電波の入り具合やエリアを心配する必要はありません

LINEモバイルのドコモ回線の通信速度も最速クラスですが、LINEモバイルのソフトバンク回線の速さには勝てません。

LINEモバイルは地方や山間部でも100%繋がる!田舎や登山でも安心の格安SIM

先に結論からいうと、通信速度を優先するならソフトバンク回線、通信エリアの広さを優先するならドコモ回線がおすすめです。

【徹底比較】LINEモバイルのドコモ回線とソフトバンク回線の違い

LINEモバイルはHUAWEI(ファーウェイ)のスマホでテザリングが無料でできる

HUAWEI(ファーウェイ)のスマホは最初からテザリングに対応しているスマホなので、

LINEモバイルのdocomo回線のSIMカードでもSoftBank回線のSIMカードでもテザリングが無料で使えます。

LINEモバイルにはLINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランの3つのプランがあります。

それぞれ月額料金やデータフリーというLINEやSNSのTwitter、Facebook、Instagramの通信が使用した通信量としてカウントされな機能があり、プランによって内容が異なりますが、

LINEモバイルのLINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランのどのプランを選んでもテザリングが無料で使い放題です。

  • LINEモバイルのドコモ回線のSIM: どのプランでもテザリングが無料
  • LINEモバイルのソフトバンク回線のSIM: どのプランでもテザリングが無料

LINEモバイルでHUAWEI(ファーウェイ)のスマホを月額500円だけで使える

LINEモバイルは格安SIM最安値の月額料金なのでデータ通信だけなら月額500円だけ

データ通信のインターネット通信も、テザリングもLINEもSNSもアプリのダウンロードやゲームも使うことができます。

LINEモバイルの格安SIMは月額500円のプランでテザリングも無料で使えるのでHUAWEI(ファーウェイ)のスマホをモバイルWiFiルーターの代わりとして使うこともでます。

LINEモバイルは月額500円プランでもテザリングが無料で使い放題

IP電話と組み合わせれば月額500円で音声通話もできる

LINEモバイルの月額500円のデータ通信SIMで音声通話(電話)をするには050の電話番号のIP電話アプリを使うことで実現可能になります。

データ通信SIMで通話ができるアプリ「IP-Phone SMART」

「IP-Phone SMART」は月額料金無料のLINEモバイルのLINEモバイルのデータ通信SIM(SMSあり/SMSなし)で音声通話ができるアプリです。

月額料金がかからないだけではなく、通話料金も音声通話SIMの20円/30秒よりもかなり安い8円/30秒で電話をかけることができます。着信した時は通話料金はかかりません。

「IP-Phone SMART」のアプリをiPhone、iPadの場合は「App Store」Androidスマホ、タブレットの場合は

「Google Play」から「IP-Phone SMART」のアプリをダウンロードとインストールをしたらクレジットカードを使って契約してログインするだけですぐに電話番号が発信されて、電話の着信も発信もできるようになります。

着信した場合もプッシュ通知でわかるようになっているので通常の電話のように電話がかかってきた時もわかります。