【検証】LINEモバイルはFaceTimeの音声通話やビデオ通話が使える

LINEモバイルはFaceTimeの音声通話やビデオ通話が快適に利用できる格安SIMです。

速度制限中の低速通信モードの状態でも音声通話もビデオ通話も途切れたりラグが発生することなく利用できました。

LINEモバイルは日本国内で発売されている格安SIMで最速の通信速度なのでdocomo回線でもSoftBank回線でもau回線でもFaceTimeが高画質高音質でストレスなく使えています。

また、LINEモバイルは速度制限がかかっても通信速度が実測で600kbpsほど出ていて他の格安SIMの3倍の速度が出るので速度制限中(速度制限モード中)であっても映像が止まったり音声が途切れたりすることなく快適に使えます。

さらにLINEモバイルにはデータフリーというLINEアプリでの音声通話やビデオ通話をどれだけ使っても使用したデータ容量としてカウントしない、

速度制限時でもLINEアプリの通信は速度制限の対象外となる仕組みがあるので常に快適に利用できます。

LINEモバイルはFaceTimeの音声通話が問題なく使える

LINEモバイルは日本国内で発売されている格安SIMで最速の通信速度なので、通常時も速度制限中の低速通信モードでも快適にFaceTimeの音声通話は問題なく使えます。

FaceTimeオーディオで途切れることなく通話をするのに必要な転送速度は40〜50kbpsなので通常時で50〜120Mbps、

速度制限中でも実測で600kbps出るLINEモバイルはdocomo回線でもSoftBank回線でも快適に利用できます。

FaceTimeに必要な通信速度とLINEモバイルの回線速度
  • FaceTimeの音声通話に必要な速度: 40〜50kbps
  • LINEモバイルの通常の通信速度: 50〜120Mbps(50000kps〜120000kbps)
  • LINEモバイルの速度制限中の通信速度: 実測で600kbps

LINEモバイルはFaceTimeのビデオ通話が問題なく使える

LINEモバイルはFaceTimeでのビデオ通話も速度制限がかかっていない通常時も速度制限中の低速通信モードでも快適にFaceTimeのビデオ通話は問題なく使えます。

日本国内で発売されている格安SIMで速度制限中も快適にFaceTimeのビデオ通話が使えるのは格安SIM最速のLINEモバイルだけです。

FaceTimeビデオで途切れることなくビデオ通話をするのに必要な転送速度は300〜400kbpsなので通常時で50〜120Mbps、

速度制限中でも実測で600kbps出るLINEモバイルはdocomo回線でもSoftBank回線でもau回線でも快適にFaceTimeビデオが快適に利用できます。

FaceTimeのビデオ通話の必要な速度とLINEモバイルの通信速度 
  • FaceTimeのビデオ通話に必要な速度: 300〜400kbps
  • LINEモバイルの通常の通信速度: 50〜120Mbps(50000kps〜120000kbps)
  • LINEモバイルの速度制限中の通信速度: 実測で600kbps

LINEモバイルの速度制限や低速通信の規制内容と通信速度の詳細!解除されるタイミングや低速通信の確認方法まで

他の格安SIMでは速度制限をされると200kbps以下の速度しか出ないのでFaceTimeのビデオ通話は音声が途切れたり、

ビデオがカクカクしたりしますがLINEモバイルはどの時間帯であってもラグやビデオの途切れなどなく常に快適に使えています。

LINEモバイルは速度制限中の低速通信モードでもFaceTimeが使える

LINEモバイルはdocomo回線でもSoftBank回線でも速度制限中の低速通信モードの状態でも音声通話もビデオ通話も途切れたりラグが発生することなく利用できます。

実際に速度制限がかかるまでデータ容量(ギガ容量)を使い切ってテストしましたが問題なくFaceTimeオーディオで音声通話ができました。

mineoや楽天モバイル、OCNモバイルでも速度制限がかかった状態にしてFaceTimeビデオをテストしましたが、音声は聞こえるけど動画が止まる、途切れるという現象が起きていました。

速度を測ってみると実測で100kbps程度しか出ていませんでした。

LINEモバイルはLINEの音声通話が完全無料で使い放題でデータ消費もなし

LINEモバイルには日本国内で発売されているすべての格安SIMで唯一、LINEの音声通話とビデオ通話が完全無料で使い放題です。

どれだけLINEの音声通話を使ってもデータ消費(ギガ消費)ゼロになるカウントフリー(データフリー)があるので、

契約している1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのプランのデータ容量(ギガ容量)を使い切ってもLINEの音声通話は速度制限の対象外なのでストレスなくLINEの音声通話が使えます。

ビデオ通話は1分で0.5MB程度のデータ容量を消費しますが、

LINEモバイルの場合は、何分LINEの音声通話をしてもデータ消費量はゼロなので、少ないデータ容量のプランで済むようになり結果的に月額料金が安くなります。

LINEモバイルはLINEのビデオ通話が完全無料で使い放題でデータ消費もなし

LINEモバイルには日本国内で発売されているすべての格安SIMで唯一、LINEの音声通話とビデオ通話が完全無料で使い放題です。

音声通話と同様にどれだけLINEのビデオ通話を使ってもデータ消費(ギガ消費)ゼロになるカウントフリー(データフリー)があるので、

契約している1GB,3GB,5GB,7GB,10GBのプランのデータ容量(ギガ容量)を使い切ってもLINEのビデオ通話は速度制限の対象外なのでストレスなくLINEの音声通話が使えます。

LINEモバイルでカウントフリーの対象となるLINEの通信

  • LINEのトークでのテキストメッセージの送受信(グループ含む)
  • LINEのトークでの画像、動画、他ファイルの送受信(グループ含む)
  • LINEの無料音声通話
  • LINEの無料ビデオ通話
  • タイムラインの閲覧、投稿
  • 「ニュース」トップ・カテゴリの閲覧
  • LINEアプリ内のニュースの閲覧
  • スタンプのダウンロード
  • 着せ替えのダウンロード
  • 「その他」画面での表示や設定
  • 「友だち」の閲覧、友だち追加
  • 「ウォレット」トップの閲覧
  • LINE Outでの通信
【完全保存版】LINEモバイルのデータフリー・カウントフリーとなる通信内容まとめ

ビデオ通話は1分で2.5MB程度のデータ容量を消費しますが、LINEモバイルの場合は、

何分LINEのビデオ通話をしてもデータ消費量はゼロなので、少ないデータ容量のプランで済むようになり結果的に月額料金が安くなります。

LINEモバイルはSNSが完全無料で使い放題でデータ消費もなし

LINEモバイルにはデータフリー(旧名: カウントフリー)というLINEやSNSのTwitter、Facebook、Instagramの通信が使用した通信量としてカウントされな機能があり、プランによって内容が異なります。

そのため、LINEやSNSのTwitter、Facebook、Instagramはどれだけ大量に通信をしてもデータ消費量(ギガの消費)はゼロです。

LINEモバイルのプラン別のデータフリーの通信対象
  • LINEフリープラン:LINEの通信全てがデータフリー
  • コミュニケーションフリープラン: LINEとSNSの通信がデータフリー
  • MUSIC+プラン: LINEとSNSとLINE MUSICの通信がデータフリー

【完全保存版】LINEモバイルのデータフリー・カウントフリーとなる通信内容まとめ

LINEモバイルでFaceTimeが使えるiPhoneとiPad

LINEモバイルでFaceTimeが使えるiPhoneとiPadをまとめました。

LINEモバイルのSIMカードでFaceTimeが使えるiPhone・iPad

  • iPhone 4s 以降のiPhone
  • 第3世代以降のiPad

WiFiでFaceTimeが使えるiPhone・iPad

  • iPhone 4 以降のiPhone
  • iPad2 以降のiPad
  • iPad mini (全モデル)
  • 第4世代以降のiPod touch

LINEモバイルはFaceTimeが快適に使える格安SIM

LINEモバイルは日本国内で発売されているすべての格安SIMの中で一番FaceTimeが快適に使える格安SIMです。

LINEモバイルは速度制限がかかっても通信速度が実測で600kbpsほど出ていて他の格安SIMの3倍の速度が出るので

速度制限中(速度制限モード中)であっても映像が止まったり音声が途切れたりすることなく快適に使えます。

また、LINEモバイルにはデータフリーというLINEアプリでの音声通話やビデオ通話をどれだけ使っても使用したデータ容量としてカウントしない、

速度制限時でもLINEアプリの通信は速度制限の対象外となる仕組みがあるので常に快適に利用できます。

月額500円の1GBのデータ通信専用SIMでもFaceTimeの音声通話やビデオ通話が通常時も1GB以上のデータ通信をした後の速度制限中であってもストレスなく使えるのでかなり優秀です。

LINEモバイルの格安SIMはFaceTimeをアクティベートできる

LINEモバイルは月額500円の最安のSIMカードを含むデータ通信専用、音声通話付きSIMに関係なく、iPhoneやiPadのFaceTimeをアクティベート(アクティベーション)することができます。

また、iPhoneやiPadの初期化やiOSのアップデート後のアクティベート(アクティベーション)もLINEモバイルのSIMカードで問題なく行えます。

LINEモバイルは500円のプランでもFaceTimeが使える

LINEモバイルは月額500円の最安のプランであっても、iPhoneやiPadで快適にFaceTimeの音声通話やビデオ通話が使える格安SIMです。

他社の格安SIMで速度制限がかかると実測がかなり遅いのでFaceTimeオーディオでの音声通話はギリギリ使えますが、FaceTimeビデオはとても使えるレベルではありません。

LINEモバイルは格安SIM最速の通信速度に加えて、速度制限がかかっても通信速度が実測で600kbpsほど出ていて他の格安SIMの3倍の速度がでるので

速度制限中(速度制限モード中)であっても映像が止まったり音声が途切れたりすることなく快適に使えます。

LINEモバイルは大赤字運営のサービスで価格以上のサービスです。

今現在、LINEモバイル以上に通信品質が良い格安SIMはありません