【影響なし】LINEモバイルのMNPの不通期間・空白期間は30分だけで最短!

【最短最速】LINEモバイルは即日MNP(ナンバーポータビリティ)に対応しているのでdocomo、au、SoftBankからMNPで乗り換える場合の不通期間(空白期間)は30分程度で格安SIM最短となっています。

LINEモバイル回線への切替はマイページから自分の好きなタイミングでできるので通信や通話ができなくても、影響がない時間を狙って自宅で回線を切り替えることができます。

回線切替にかかる時間は5分程度です。

LINEモバイルのMNPの不通期間/空白期間は30分だけ

格安SIMによって不通期間が数日かかるものもありますが、LINEモバイルは不通期間(空白期間)最短の即日MNPに対応している格安SIMなので、

不通期間・空白期間は30分だけです。

しかも自分で好きなタイミングで回線を切り替えることができるのでスマホが使えなくても影響がない時間を狙ってLINEモバイル回線へ切替をすることができます。

LINEモバイルのMNP乗り換えの不通期間/空白期間が最短な理由

LINEモバイルのMNP乗り換えは日本国内で販売されているすべての格安SIMで不通期間・空白期間が最短です。

その理由は、自分で回線を切り替える仕組みになっているからです。

LINEモバイルの回線に切り替えるまではLINEモバイルの乗り換え元の回線が使えるので影響はありませんし、

回線切替は自分の好きなタイミングにLINEモバイルのマイページにある「回線切替ボタン」を押すことで切り替わるので30分だけの不通期間・空白期間なのです。

LINEモバイルのマイページにある「回線切替ボタン」を押してからLINEモバイルの回線に切替わるのがだいたい30分くらいなのでその間はデータ通信も音声通話(電話)もできません。

LINEモバイルは好きなタイミングでMNP乗り換え(回線切替)できる

LINEモバイルはLINEモバイルへの回線切替(MNP開通)のタイミングは自分で決めることができます。

マイページから自分が好きなタイミニングでMNP開通の申し込みボタンを押して回線の切り替えができるからです。

他の格安SIMのようにいつ切り替わるのかわからない。ということがありません。

LINEモバイルのマイページにログインをしたらMNP開通申し込みの「申し込む」ボタンを押します。

これでLINEモバイルへの回線切替がされるので30分程度でLINEモバイルの回線に切り替わります。

LINEモバイルの3つの回線開通・回線切替方法

LINEモバイルの回線開通(回線切替)の方法は3つあり、どの方法でも回線切替ができます。

LINEモバイルの3つの回線開通・回線切替方法
  1. LINEモバイルのカスタマーセンターに電話をして回線開通(切り替え)をする
  2. LINEモバイルのマイページのMNP開通申し込みボタンで回線開通(切り替え)をする
  3. 自動的にLINEモバイルの回線に切り替えるまで放置する(何もしない)

LINEモバイルのカスタマーセンターに電話をして回線開通(切り替え)をする

LINEモバイルの回線開通(回線切替)は以下のLINEモバイルのカスターセンターに電話をしても回線開通(回線切替)をすることができます。

年中無休ですが、受付時間が10:00〜19:00なので時間外のときは翌日まで待つか、急ぎも場合はマイページのMNP開通の申し込みボタンを使って回線開通(回線切替)を行うことができます。

LINEモバイルのカスターセンターの詳細
  • LINEモバイルカスタマーセンター MNP開通受付窓口
  • 0120−889−279(無料
  • 受付時間:10:00〜19:00(年中無休)

LINEモバイルのマイページのMNP開通申し込みボタンで回線開通(切り替え)をする

LINEモバイルのマイページにログインをしたらMNP開通申し込みの「申し込む」ボタンを押します。

LINEモバイルのマイページにログインをしたらMNP開通申し込みの「申し込む」ボタンを押します。

LINEモバイルのSIMカードをスマホやiPhoneの本体に挿入して初期設定を行いながら回線が切り替えるのを待ちましょう。

自動的にLINEモバイルの回線に切り替えるまで放置する(何もしない)

LINEモバイルへのMNP乗り換えの場合は回線開通(回線切替)はLINEモバイルのカスターセンターに電話をしても

回線開通(回線切替)をする方法とLINEモバイルのマイページからMNP開通の申し込みボタンを押して回線の切り替える方法の他に

何も手続きをしないで自動的に回線開通(回線切替)されるのを待つ方法もあります。

LINEモバイルの回線別の回線開通(回線切替)タイミング
  • docomo回線: SIMカードや端末が届いたら3日後の午後以降に自動的に切り替え
  • SoftBank回線: MNP予約番号の有効期限の最終日に自動的に自動的に切り替え
  • au回線: MNP予約番号の有効期限の最終日に自動的に自動的に切り替え

LINEモバイルはdocomo回線を使ったSIMカードとSoftBank回線を使ったSIMカード、au回線を使ったSIMカード3つがありますが、回線によって自動的に回線開通(回線切替)されるタイミングが異なります。

LINEモバイルの回線開通(回線切替)を行うと元契約していた通信会社は自動的に解約される

LINEモバイルに大手キャリアのdocomo、au、Softbankや他社の格安SIMからMNP転入で乗り換えた場合、

回線の開通をしたタイミングで乗り換え元の契約は自動的に解約されます。

別途、解約手続きを行う必要はありませんし、大手キャリアからの乗り換えであればSIMカードの返却も不要なので何もやることはありません。

ただし、大手キャリアではなく他社の格安SIMからLINEモバイルにMNP転入で乗り換えた場合は、LINEモバイルの回線を開通したタイミングで自動的に解約になりますが、

SIMカードは返却する必要がある格安SIM会社(MVNO)が多いです。

ちなみにメジャーな格安SIM会社(MVNO)でSIMカードを返却しなかった場合にかかる料金は以下のとおりです。

SIMカードを返却しなかった時に請求される料金
  • 楽天モバイル: 4000円
  • mineo(マイネオ): 2000円
  • DMMモバイル: 3000円
  • IIJ mio: 2000円
  • BIGLOBE SIM: 3000円
  • LINEモバイル: 3000円

SIMカードの返却は普通郵便の封筒にSIMカードをいれて郵送すれば完了なので封筒も挿れて100円以下で返却ができます

返却しないと最低でも2000円の料金をとられるので絶対にSIMカードの返却をしたほうがいいです。

LINEモバイルにMNP乗り換えの開通で元のキャリアは自動解約される

LINEモバイルに不通期間/空白期間なしで乗り換える方法

大手キャリアや他の格安SIMなどからLINEモバイルに不通期間・空白期間なしで乗り換える方法は以下の通りになります。

  1. MNP予約番号を発行(取得)する
  2. LINEモバイルの申し込みページからMNP転入で契約する
  3. SIMカードが届くまで待つ
  4. 初期設定をする
  5. LINEモバイルを回線開通(回線切替)をする

【即日MNP】LINEモバイルの申込みのやり方と全手順まとめ

LINEモバイルのMNPの不通期間/空白期間まとめ

docomo、au、SoftBankからLINEモバイルの電話番号を引きついで乗り換えるMNPで乗り換える場合の不通期間(空白期間)は30分程度で格安SIM最短となっています。

LINEモバイル回線への切替はマイページから自分の好きなタイミングでできるので通信や通話ができなくても、影響がない時間を狙って自宅で回線を切り替えることができます。

回線切替にかかる時間は5分程度です。

平日でも昼休みや仕事が終わってから、土日のちょっとした空き時間で、影響なく回線を切り替えてLINEモバイルに乗り換えることができるのでとても便利です。

LINEモバイルへ不通期間(空白期間)は30分程度の即日MNPで乗り換えるやり方と手順は以下のページで各項目の注意点を添えて詳しくまとめましたので

参考にしながら契約すれば絶対に失敗することはありません。絶対に失敗しないLINEモバイルへの乗り換え方を丁寧に作成しました。