LINEモバイルのクーリングオフ・契約後のキャンセルと解約について

【完全まとめ】LINEモバイルはクーリングオフの対象外ですが、クーリングオフとほぼ同じの初期契約解約制度が適用されるのでクーリングオフと同じように電波が入らなかったり

スマホ端末が使えなかったりなど、ラインモバイル側に問題があるような場合は、違約金を払わずに契約解除することができます

自分の都合では解約することはできませんが、サービス提供側に問題があれば違約金なしにLINEモバイル側の同意がなくても自分から一日的に解約することができるようになっています。

LINEモバイルはクーリングオフと同じの初期契約解約制度で解約できる

LINEモバイルを含めた日本国内で発売されている格安SIMにはクーリングオフはありません。この理由は格安SIMの契約が内容に納得して自分から契約するものだからです。

LINEモバイルの申し込みページでもクーリングオフの対象外と明記されています。

しかし、クーリングオフとほとんど同じ制度の「初期契約解約制度」が使えるのでLINEモバイル側に問題があった場合は違約金なしで自分から一方的に解約することができます。

LINEモバイルを強制的に解約できる初期契約解約制度とは

「初期契約解除制度」とは、

契約書面の受領日を初日とした8日が経過するまでの間であれば、契約先である電気通信事業者の合意なく、契約者の申し出により電気通信サービスを契約解除できる制度です。

クーリングオフと違うのは、クーリングオフは自分の都合であっての自分から一方的に解約することができますが、「初期契約解除制度」はサービスを提供するLINEモバイル側に問題がある場合にしか解約することができません。

たとえば電波が入らないとか、セットで購入したスマホが使えない、届いたSIMカードが使えないなどです。

(ソース: 初期契約解約制度とは(pdf) – 総務省)

LINEモバイルはクーリングオフ期間は契約後8日以内

LINEモバイルを「初期契約解除制度」を使って解約(クーリングオフ)できる期間は

LINEモバイルの契約書面(メール)の受領日を初日とした8日以内となっています。

LINEモバイルは契約してから8日間はキャンセルができるということです。

LINEモバイルをクーリングオフした場合に返金される料金

LINEモバイルを「初期契約解除制度」を使って解約(クーリングオフ)した場合に返金される内容は以下のとおりです。

  • 登録事務手数料
  • 「初期契約解除制度」の申請までに利用した通話料やSMSなし料金
  • オプションサービスの利用料金(日割りではなく月額料金)
  • MNP転出を行った場合のMNP転出手数料

LINEモバイルをスマホとセットで契約した場合は、スマホは「初期契約解除制度」の対象外で返品や返金はされないので注意が必要です。

「初期契約解除制度」を使いたい場合はLINEモバイルのカスターセンターに問い合わせることで可能となっています。

LINEモバイルのカスターセンターへの問い合わせ方法

LINEモバイルのカスタマーセンターはフリーダイヤルで携帯電話やスマホからも利用できます。

LINEモバイルのカスタマーセンターの電話番号
  • 電話番号: 0120-142-275
  • 対応時間:10:00~19:00(年中無休)
  • 通話料金: 無料

LINEモバイルのカスターセンターは平日の12時〜13時、土日の10時〜12時は電話が繋がりにくいときがあります。それ以外の時間であれば電話は繋がります。

LINEモバイルのデータ通信SIMには最低利用期間も違約金もない

LINEモバイルには他の格安SIMと同じでクーリングオフはありませんが、「初期契約解除制度」があるだけでなく、

データ通信SIM(SMSあり/SMSなし)は最低利用期間がないので契約してすぐに解約しても違約金も解約手数料も一切かからない無料の0円で解約ができます。

LINEモバイルは最安最速の人気ナンバー1の格安SIMなので、SIMカードが必要な期間だけLINEモバイルを契約して使っている人も多くいます。

LINEモバイルのデータ通信SIMは月額500円だけで使える最安の料金の格安SIMなのでタブレット用やモバイルWiFiルーター用、子供用にも大人気です。

LINEモバイルは初月の月額基本料金がどのプランでも全額無料

LINEモバイルのデータ通信SIMはいつ解約しても無料(0円)

LINEモバイルにはデータ通信のみのSIMとデータ通信+SMSのSIMとデータ通信+音声通話(音声通話SIM)のSIMの3つの種類があります。

データ通信のみ(SMSあり/SMSなし)のSIMには解約手数料が設定されていません。

そのため、どのタイミングで解約しても無料の0円で解約できます。

  • データ通信SIM(SNSなし): 最低利用期間なし
  • データ通信SIM(SNSあり): 最低利用期間なし

LINEモバイルのデータ通信SIMには最低利用期間や違約金なし

LINEモバイルのデータ通信のみ(SMSあり/SMSなし)のSIMには最低期間の設定に加えて、解約手数料も設定されていません。

そのため、どのタイミングで解約しても無料の0円で解約できます。

極端な話、契約した月に解約しても無料(0円)で解約ができます。

  • データ通信SIM(SNSなし): いつ解約しても無料(0円)で解約できる
  • データ通信SIM(SNSあり): いつ解約しても無料(0円)で解約できる

LINEモバイルが不要になったら解約してSIMカードを返却したら完了

LINEモバイルのSIMカードを必要な期間だけ使って不要になったり、お試しをして満足したらLINEモバイルマイページから「解約ボタン」を押して解約後、SIMカードを返却すれば解約手続きは完了です。解約時の費用も0円です。

SIMカードは全国の郵便局から定形外郵便で82円程度で郵送できるのでSIMカードの返却をしておいた方が無駄な出費が節約できます。

82円分の切手をかって、茶色の封筒に入れて郵送すれば完了です。

LINEモバイルのSIMカードの返却先住所

  • 郵便番号: 〒277-0834
  • 住所: 千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前 13-1 ロジポート北柏 501
  • 宛名: LINE モバイル株式会社 解約窓口

【超大事】LINEモバイルをお試しする方法と重要な注意点まとめ

LINEモバイルは月額500円だけで利用できる満足度ナンバー1の格安SIM

LINEモバイルは月額500円だけで使えるLINEフリープランというプランがあります。

LINEフリープランはLINEアプリの音声通話やビデオ通話を含むすべての通信をどれだけ使ってもデータ消費(ギガ消費)ゼロで

速度制限中でも速度制限の対象外で高速な通信速度でLINEが使えるので格安SIMで一番人気があります。

格安SIMを試してみたい!という人や、iPadやタブレット用に月額料金の安いSIMカードが欲しい、セカンドスマホでもデータ通信(インターネット)が使いたい、モバイルWiFiルーター用の安いSIMカードが欲しい、

子供用のスマホに家計の負担にならない料金のSIMカードが欲しい。という人に選ばれていて日本国内で発売されているすべての格安SIMで満足度ナンバー1を獲得している実力があります。