LINEモバイルはDSDSのスマホに対応で使える格安SIM

LINEモバイルはDSDSというデュアルSIMデュアルスタンバイに対応したスマホでの利用に対応した格安SIMです。

DSDSは2枚のSIMカードが使えるスマホでAndroidスマホに多いですが、

LINEモバイルはどちらのSIMスロットにカードを挿してもAPNという設定さえすればデータ通信SIMも音声通話SIMも利用することができます

LINEモバイルはDSDSのスマホに対応で使える格安SIM

LINEモバイルはDSDSyというデュアルSIMデュアルスタンバイに対応したスマホでの利用に対応した格安SIMです。

DSDS対応のスマホはSIMカードが挿入できるスロットが2つあるので片側に1枚だけSIMカードを挿入して使うことも

両方のSIMスロットにSIMカードを2枚挿して使うこともできます。

 

ここでは実際にDSDS対応のASUSのZenFoneにLINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカードをスロット1に

LINEモバイルのドコモ回線のSIMカードをスロット2に挿入した時の設定画面です。

 

ちゃんと両方のSIMカードが認識していて「デフォルトのデータ通信」のSIMカードを選ぶことで

どちらのSIMカードで通信をするのかを選択できます。

それぞれのSIMカードで「APN」というインターネットに接続するのに必要なアクセスポイント名の設定も

それぞれのSIMカードで「APN」を設定できるようになっています。

 

ちゃんとスロット1のLINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカードと

スロット2のLINEモバイルのドコモ回線のSIMカードが認識していることが確認できます。

LINEモバイルのAPN設定情報

LINEモバイルのSIMカードを挿入したDSDS対応のスマホに以下のAPNの設定をすればすぐにデータ通信ができます。

070/080/090の音声通話(電話)はSIMカードを挿してLINEモバイルのマイページから回線の開通手続きをすればAPNの設定をしなくても着信も発信も使えます。

LINEモバイルはdocomo回線、SoftBank回線、au回線の3つの回線がありますがどれもAPNの設定内容は共通です。

以下の項目以外の内容は設定をしなくてもデータ通信(インターネット接続)には影響ありません。

LINEモバイルのAPN設定情報

  • 名前: LINEモバイル(好きな名前で良い)
  • APN: line.me
  • ユーザー名: line@line
  • パスワード: line
  • 認証タイプ: PAPまたはCHAP

LINEモバイルを契約する時の注意点

LINEモバイルを契約する時はSIMカードのサイズに注意

SIMカードにはnanoSIM、microSIM、標準SIMのSIMカードのサイズがありますが、LINEモバイルのは3つのSIMカードのサイズを自由に選択して契約ができます。

Nokiaのスマホは機種によって対応しているSIMカードの種類が異なりますのでLINEモバイル契約時のSIMカードのサイズの選択では注意が必要です。

【完全保存版】LINEモバイルの申込みのやり方と全手順まとめ

1つの端末に2枚のSIMカードが使えるDSDSやDSDV対応機種の場合は各スロットが対応しているSIMカードのサイズが違ったりするので気をつけてください。

コメント