LINEモバイルはbootloader Unlock済のスマホで使える!

結論から先に書くと、LINEモバイルはBootloader Unlock済みのAndroidスマホやAndroidタブレットで070/080/090の音声通話もデータ通信のインターネットもBootloader UnlockしてないAndroidスマホやタブレット同じように使うことができます。

LINEモバイルはブートローダがアンロック済みのスマホでも全く影響なく使える格安SIMです。

LINEモバイルはbootloader Unlock済のAndroidスマホで使える

LINEモバイルはBootloader Unlock(ブートローダアンロック)したAndroidスマホで問題なく070/080/090の音声通話もデータ通信でのインターネットも使うことができます。

実際にBootloader Unlock(ブートローダアンロック)したAndroidスマホにLINEモバイルの格安SIMを挿入して使っていますが何事もなく電話もデータ通信(インターネット)も使えています。

(Bootloader UnlockしてTWRP導入環境で問題なく使えてます)

LINEモバイルはTWRP導入したAndroidスマホでも使える

LINEモバイルはTWRPのカスタムリカバリーを導入したAndroidスマホでも全く影響を受けることなく、070/080/090の音声通話もデータ通信のインターネットも使うことができます。

カスタムROM環境でも問題なく使うことができますが、一部のカスタムROMではLTE(4G)通信に対応してないROMがあるのROM焼き前に確認が必要です。

この写真のP20 liteはBootloader Unlock+root化+Xposedの環境で使っていますがLINEモバイルのdocomo回線のSIMカードで快適に使えています。

最初から入っているプリインストールアプリの削除をroot化したことで行っているので通常のroot化していないP20 liteよりもかなり快適です。

ちなみにLINEモバイルではセットスマホとしてP20 Liteが購入できますが、セット購入したP20 liteもbootloader unklockとroot化してLINEモバイルのSIMカードで快適に使えることを確認済みです。

LINEモバイルはブートローダアンロック済み端末への制限は一切なし

LINEモバイルは制限が甘い格安SIMなのでBootloader Unlock(ブートローダアンロック)済みの端末に対する制限や規制は一切ありません。

Bootloader Unlock(ブートローダアンロック)していない端末と全く同じように音声通話もデータ通信も使うことができます。

データ通信だけでいいならLINEモバイルは月額500円だけで使えますし、月額500円でテザリングも使い放題なのでコスパが最高です。

mineoや楽天モバイル、OCNモバイルONEも比較用に契約していますが、通信速度はダントツでLINEモバイルが一番速いです。

LINEモバイルのSIMカードを挿してAPNを設定したらすぐに使える

root化したAndroidスマホやAndroidタブレットをLINEモバイルの格安SIMで使うのはとても簡単で、LINEモバイルのSIMカードを本体に挿入してAPN(アクセスポイント)設定をすればすぐに音声通話もデータ通信のインターネットも使うことができます。

LINEモバイルのAPNはAPN: line.me、ユーザー名: line@line、パスワード: line、認証タイプ: PAPまたはCHAPです。

LINEモバイルのAPN(アクセスポイント名)設定情報
  • 名前: LINEモバイル
  • APN: line.me
  • ユーザー名: line@line
  • パスワード: line
  • 認証タイプ: PAPまたはCHAP

LINEモバイルのdocomo回線もSoftBank回線もau回線もAPNの設定内容(設定情報)は同じです。

LINEモバイルのAPN設定情報を入力する

LINEモバイルのAPN情報を以下の内容のとおりに入力していきます。

LINEモバイルのAPN(アクセスポイント名)設定情報
  • 名前: LINEモバイル
  • APN: line.me
  • ユーザー名: line@line
  • パスワード: line
  • 認証タイプ: PAPまたはCHAP

LINEモバイルの通信速度は格安SIM最速でサクサク!

LINEモバイルは日本国内で販売されている格安SIMで通信速度が最速の格安SIMです。

docomo回線もSoftBank回線もau回線も他のどの格安SIMと比べ物にならないほど快適に使えます。

LINEモバイルのソフトバンク回線は速度制限がかかっていない時の速度は90Mbpsを超えます。LINEモバイルのソフトバンク回線で計測した結果は91.6Mbpsと爆速の通信速度でした。

LINEモバイルのソフトバンク回線は特別に通信速度が速い格安SIMとして人気があります。理由はLINEモバイルがソフトバンク株式会社の小会社になったため特別恩恵をうけているからです。

自宅や無料で使えるフリーWi-Fiよりも速度が速かったりします。

LINEモバイルのドコモ回線も73.7Mbpsと爆速の通信速度がでていました。

カスタムROMやroot化スマホをLINEモバイルの格安SIMで楽しもう

LINEモバイルはBootloader Unlock(ブートローダアンロック)やroot化済みのスマホで問題なく070/080/090の音声通話もデータ通信でのインターネットも使えるのため思いっきりAndroidスマホやタブレットをカスタム(改造)して楽しんじゃしょう。

私もBootloader Unlock(ブートローダアンロック)+root化済みの改造スマホがメインのスマホでLINEモバイルのドコモ回線とソフトバンク回線を2枚差しのDSDV環境で使っていますが快適そのものです。

まとめ: LINEモバイルはroot化済みのAndroidスマホで利用可能

LINEモバイルの格安SIMはroot化したAndroidスマホやAndroidタブレットで問題なく070/080/090の音声通話もデータ通信でのインターネットも使うことができます。

LINEモバイルはroot化したAndroidスマホで問題なく070/080/090の音声通話もデータ通信でのインターネットも使うことができるので安心して契約してもらって大丈夫です。

LINEモバイルは通信速度最速、月額料金最安、テザリングが無料で使い放題と他の格安SIMよりも安い月額料金なのにナンバー1の性能で使うことができる性能ナンバー1の格安SIMなのでLINEモバイルを選んでおけば間違いありません。

コメント