LINEモバイルは料金滞納でキャリアを強制解約した人も契約できる

LINEモバイルはau、docomo、SoftBank、Y!モバイルなどの大手携帯キャリアを料金滞納をして強制解約や強制退会になった履歴がある場合でも契約できる格安SIMです。

LINEモバイルはLINEモバイル株式会社が運営しているので大手キャリアのau、docomo、SoftBank、Y!モバイルの信用情報や契約者情報、料金滞納情報などを持っていません

そのため、過去に大手キャリアで料金滞納や強制解約などの履歴があっても普通に審査を通過して契約することができます。

このサイトから相談をもらった方で大手キャリアのau、docomo、SoftBankでスマホ料金が払えないで強制退会(強制解約)させら方でも問題なくLINEモバイルを契約して使えている実績があるので間違いありません。

「LINEモバイル」はau,docomo,SoftBankを料金滞納で強制解約されても契約できる

LINEモバイルはau、docomo、SoftBank、Y!モバイルなどの大手携帯キャリアを料金滞納をして強制解約や強制退会になった履歴がある場合でも契約できる格安SIMです。

au、docomo、SoftBank、Y!モバイル、UQモバイルの大手キャリアでは料金の滞納や支払い遅延、強制退会の情報のブラックリストを持っていてキャリア間で共有されていますが、

格安SIMのLINEモバイルでは大手キャリアで共有されているブラックリストを参照することができません。

そのため、au、docomo、SoftBank、Y!モバイル、UQモバイルなどの大手キャリアを強制退会させられてブラックリスト入りしていても何事もなくクレジットカードやLINE Payで契約が月額料金を支払って使い続けることができます。

LINEモバイルは携帯電話の譲渡や不正利用でブラックリスト入りしても契約できる

大手キャリアのブラックリストは料金の滞納以外でも、契約済みの携帯電話やスマホの譲渡や恐喝や迷惑メールを送りつけたことが携帯電話会社に通知されていた場合は不正利用したとしてブラックリスト入りします。

最近ではTwitterやFacebookなどのSNSで不正利用と認識されてブラックリスト入りすることが多くなっています。

また、契約する時に住所や氏名などの情報に虚偽の情報を使って契約したことが発覚した場合はブラックリストに登録されて大手キャリアでは契約できなくなります。

しかし、LINEモバイルはこれらの携帯電話やスマホの譲渡や不正利用、虚偽の情報での契約でブラックリスト入りした履歴があっても何事もなく普通に契約ができます。

LINEモバイルはクレジットカードがブラックでも契約と支払いができる

LINEモバイルはクレジットカードがブラックリスト入りしていても何事もなく契約できる格安SIMです。

LINEモバイルはクレヒスを参照することができないのでブラックリスト入りしていても自己破産歴があっても

日本国内で発行された有効期限が切れていないクレジットカードなら審査に通過して確実に契約できます。

LINEモバイルは、クレジットカードの履歴(クレヒス)を参照できない格安SIM会社なので契約に使うクレジットカードが

CICブラック、JICCブラック、全銀協(CRIN)ブラックのブラックリスト入りをしていていも問題なく契約できます。

日本国内で発行された有効期限が切れていないクレジットカードであればブラックリスト入りをしていても問題なく契約して解約や他社へ乗り換えるまで料金の支払いができます。

LINEモバイルはクレジットカードブラックリストでも契約できる格安SIM!クレヒス情報の確認はされないので確実に契約できる

LINEモバイルはクレジットカードなし(クレカなし)でもLINE Payカードで契約と支払いができる

一般的に格安SIMは契約するのにクレジットカードが必須です。

そのため、クレジットカードブラックリストでクレジットカードを持っていない人は格安SIMを契約できません。

しかし、LINEモバイルはクレジットカードを持っていなくてもデビットカードとして使えるLINE Payカードを作れば、

クレジットカードを持っていなくても契約時にLINE Payカードのプリペイドカード番号を入力することで

LINEモバイルの審査を難なく通過しLINEモバイルの格安SIMを入手することができます。

LINEモバイルをクレジットカードなしで契約するLINE Payの作り方

LINEモバイルはクレジットカードを持っていなくてもデビットカードとして使えるLINE Payカードを作れば、

クレジットカードを持っていなくても契約時にLINE Payカードの番号を入力することで

LINEモバイルの審査を難なく通過しLINEモバイルの格安SIMを入手することができます。

LINE PayカードはLINEアカウントがあれば誰でも作成が可能で、LINEから申し込むことで自宅にLINE Payカードが郵送されてきます。

LINE Payカードへのチャージはコンビニや銀行振込などの方法に対応しており一度もクレジットカードが必要な場面はありません

LINEモバイルをLINE Payで契約するやり方

LINEモバイルをLINE Payで契約するやり方は簡単で、LINEモバイルの契約申し込み画面の途中で出てくる

「支払方法選択」の部分でLINE Payを選択するだけです。

【完全保存版】LINEモバイルの申込みのやり方と全手順まとめ

LINE Payの申し込み方法・入手方法

LINEモバイルはLINE Payを使うことで口座振替ができますが、

LINE Payを使うには事前にLINE Payの申し込みをしてLINE Payカードを入手しておく必要があります。

LINEアプリからLINE Payの申し込み画面を開く

LINE Payカードを申し込む

LINE Payカードが届いたらチャージする

登録をすると自宅にLINE Payカードが送られてくるので、コンビニや銀行からチャージをすればすぐに使えるようになります。

ここまで準備ができたらLINえモバイルをLINE Payで契約する準備は完了です。

LINEモバイルをLINE Payで契約するやり方は簡単で、LINEモバイルの契約申し込み画面の途中で出てくる

「支払方法選択」の部分でLINE Payを選択するだけです。

【完全保存版】LINEモバイルの申込みのやり方と全手順まとめ

【注意】LINEモバイルを料金滞納して強制解約させられた場合は再契約できない

LINEモバイルはLINEモバイルの月額料金や通話料金、オプション料金などの毎月請求される料金の滞納が続きた場合は、強制解約(強制退会)手続きが行われます。

LINEモバイルを、強制解約(強制退会)された場合はLINEモバイルは再契約することはできませんので注意してください。

しかしLINEモバイル以外の格安SIMでは契約できます。

LINEモバイルは利用料金の未払いだけは注意が必要です。

LINEモバイルは毎月5日に利用料金が設定している支払い方法のクレジットカードやLINE Payなどから引き落としがされますが、

LINE Payの残高不足やクレジットカードの利用停止などで利用料金の支払いができなかった場合は、まず15日に自動的に再請求がされます。

15日の再請求で支払いができればいいですが、もし支払いができないで未払いとなった場合は、15日の再請求で利用料金の支払ができなかった場合は19日に利用停止となり

LINEモバイルのインターネットのデータ通信や音声通話(電話)が使えなくなります。

その15日の昼過ぎに「【LINEモバイル】利用料金お支払いのおねがい」というメールが届くのでそのメールに記載されているPay-easy(ペイジー)での利用料金の支払手続きを29日までに行えば、利用停止が再開されますが、

もし、29日までに利用料金が支払いできなかった場合は強制退会となります。

LINEモバイルのペナルティは最低利用期間の違約金と未払いの強制退会のみ

LINEモバイルは今お得なキャンペーンを実施中

LINEモバイルは現在「LINEモバイル 初月月額料金全額無料キャンペーン」を実施しています。

お得にLINEモバイルを新規契約やLINEモバイルに乗り換えができるタイミングなのでぜひキャンペーン情報も見てみてくださいね。

コメント