LINEモバイルの契約申し込み・MNPのやり方(方法)と手順完全まとめ一覧

【2020年最新】LINEモバイルのSIMカードが届いてからの利用開始手続き

【100%失敗ゼロ】LINEモバイルのSIMカードが届いてから利用開始手続きをして回線開通してデータ通信(インターネット)と音声通話が使えるまでの『全手順』を絶対失敗しないように注意点を添えて詳しくまとめました。iPhone、iPad、Androidスマホ、Androidタブレット対応の『全手順画像つき』手順!

【影響なし】LINEモバイルのMNPの不通期間・空白期間は30分だけで最短!

【最短最速】LINEモバイルは即日MNP(ナンバーポータビリティ)に対応しているのでdocomo、au、SoftBankからMNPで乗り換える場合の不通期間(空白期間)は30分程度で格安SIM最短となっています。回線切替にかかる時間は5分で自宅などの好きなタイミングで切り替えができます。【全手順まとめ】

LINEモバイルを契約申し込みする窓口はどこ?失敗しない方法

結論から先に書くと、LINEモバイルの契約申し込みはこちらの『LINEモバイル専用申し込みwebページ』がLINEモバイルの契約申し込み窓口です。LINEモバイルはインターネット上の専用webサイト上から申し込むと断然お得になるキャンペーンがあるため家電量販店の店舗で申し込むよりも『お得』になります。詳細>>>

LINEモバイルのMNP予約番号の有効期限が切れた時の対処方法

結論から先に書くと、LINEモバイルのMNP予約番号の有効期限が切れた時は『再度MNP予約番号を再取得』を行ってください。再申請した日から15日間の有効期限のあるMNP予約番号の取得ができます。MNP予約番号を取得したからと言って元のキャリアが解約されるわけではありません。MNP予約番号の取得の『手数料は無料』です。

【SIMロック解除なし】auからLINEモバイルに乗り換え(MNP)方法

【SIMロック解除なし.Ver】簡単!au(KDDI)からLINEモバイルに『SIMロック解除なし』で電話番号そのまま引き継げるMNPで乗り換えるやり方と手順、スマホやiPhoneをそのまま再利用して乗り換える裏技や開通までの全手順と注意点を画像付きで紹介!!auのSIMロック解除対象外のスマホも使えるやり方>>

LINEモバイルは料金滞納でキャリアを強制解約した人も契約できる

LINEモバイルはau、docomo、SoftBank、Y!モバイルなどの大手携帯キャリアを料金滞納などで『強制解約や強制退会になった履歴がある場合でも契約できる格安SIM』です。LINEモバイルは『信用情報や契約者情報、料金滞納情報などを持っていない』ため普通に審査を通過して契約することができます。やり方と注意点>>

【必見】LINEモバイルでau端末を使うすべての方法と注意点

【全手順画像つきで解説】LINEモバイルでau端末を使う場合には『SIMロック解除手続き』が必要でしたが不要になりました。2019年4月22日からau回線のSIMカードを提供したためauで契約や購入をしたiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットで『SIMロック解除なし』で使えます。詳細な手順>>>>

【保存版】LINEモバイルで新規電話番号をもらって申し込みする方法

【完全版】LINEモバイルは「電話番号を新規でもらう」ことができる『新規電話番号での申込み』ができる格安SIM(MVNO)です。LINEモバイルを新しい電話番号をもらうにはLINEモバイルの申込み時の「申込み区分」で「新規番号での申込み」を選択することで新規番号で契約できます。『全手順画像付き』の申込み手順で詳しく解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク