伊集院一郎一覧

【必見】LINEモバイルはiPadOSでも問題なく利用可能!詳細

LINEモバイルはiPadOSでも全く問題なくデータ通信のインターネット接続もテザリングも利用できます。ただし、正しいSIMカードを選ばないとデータ通信のインターネットが使えないので注意が必要です。iPadOSでLINEモバイルを使うときの注意点とSIMカードの選び方、使い方まで詳しくまとめました。

LINEモバイルを契約申し込みする窓口はどこ?失敗しない方法

結論から先に書くと、LINEモバイルの契約申し込みはこちらの『LINEモバイル専用申し込みwebページ』がLINEモバイルの契約申し込み窓口です。LINEモバイルはインターネット上の専用webサイト上から申し込むと断然お得になるキャンペーンがあるため家電量販店の店舗で申し込むよりも『お得』になります。詳細>>>

LINEモバイルはroot化済みのAndroidスマホで使える?

結論から書くと、LINEモバイルの格安SIMはroot化したAndroidスマホやAndroidタブレットで問題なく070/080/090の音声通話もデータ通信でのインターネットも使うことができます。LINEモバイルは制限が甘い格安SIMなので『root化済みの端末に対する制限や規制』は一切ありません。詳細と注意点>>

【必見】LINEモバイルの格安SIMは通話料金が割高って本当?詳細

結論から先に書くと、LINEモバイルの格安SIMは『通話料金が割安』です。 理由は『誰でも通話料金を半額にできる仕組み』があるからです。またかけ放題もあるので通話料は格安SIMで最安値というほど安い料金で通話ができます。1回の電話が10分以内であれば『何度かけても電話かけ放題、話し放題』です。詳細>>

LINEモバイルのMNP予約番号の有効期限が切れた時の対処方法

結論から先に書くと、LINEモバイルのMNP予約番号の有効期限が切れた時は『再度MNP予約番号を再取得』を行ってください。再申請した日から15日間の有効期限のあるMNP予約番号の取得ができます。MNP予約番号を取得したからと言って元のキャリアが解約されるわけではありません。MNP予約番号の取得の『手数料は無料』です。

【必見】LINEモバイルが安い理由は人件費、管理費、設備投資不要のため

LINEモバイルはdocomo、au、SoftBankなどの大手キャリア、他の格安SIMと比べても最安の料金で利用できます。この理由は人件費、管理費、設備投資がかからないからです。さらにソフトバンク株式会社の莫大な資本が投入されているため他の格安SIMよりも安い最安の月額料金で利用できるようになっています。

【必見】LINEモバイルはプラスエリアに対応している格安SIM

LINEモバイルはFOMAプラスエリア(プラチナバンド)という一般的にプラスエリアと言われる山間部で主に使用される周波数での通信に『対応』しています。LINEモバイルの格安SIMはどこでも電波が入って使える一番電波の良い格安SIMです。対応エリアと月額料金、プラスエリアを使う2つの条件を紹介。

【必見】LINEモバイルは雨の日や雨天でも使える格安SIM

LINEモバイルは雨の日(雨天)でも問題なく繋がります。電波が悪くなったり速度が低下するようなこともありません。LINEモバイルの電波は800Mhz〜1.5Ghzという天候に影響されない電波を使っているのでLINEモバイルのドコモ回線とau回線、ソフトバンク回線はどのような天候であっても『影響はありません』。

スポンサーリンク
スポンサーリンク