【必見】LINEモバイルはiPadOSでも問題なく利用可能!詳細

結論から先に述べると、LINEモバイルはiPadOSでも全く問題なくデータ通信のインターネット接続もテザリングも利用できます

実際に使えるiPadとLINEモバイルのSIMカードの選び方をまとめました。

「iPadOS」と「LINEモバイル」の組み合わせて常にインターネットに繋がる環境ができるのでとても便利になり生活の質が向上します。

LINEモバイルはiPadOSでも問題なく使える

LINEモバイルはiPadOSでも全く問題なくデータ通信のインターネット接続もテザリングも利用できます。

iPadはiOSとiPadOSの両方がありますが、どちらのOSを使っていてもLINEモバイルのSIMカードでデータ通信のインターネット接続もテザリングも利用できます。

iPadOSが使えるiPad

iPad OSはすべてのiPadが使えるわけではなく使える対応機種が決まっています。

iPadOSが使えるiPad
  • 12.9-inch iPad Pro
  • 11-inch iPad Pro
  • 10.5-inch iPad Pro
  • 9.7-inch iPad Pro
  • iPad (第6世代)
  • iPad (第5世代)
  • iPad mini (第5世代)
  • iPad mini 4
  • iPad Air (第3世代)
  • iPad Air 2

引用元:iPadOS Preview

LINEモバイルのSIMカードの選び方に注意

LINEモバイルはソフトバンク回線を使ったSIMカードとドコモ回線を使ったSIMカードとau回線を使ったSIMカードの3つを提供して

正しいSIMカードを選ばないとデータ通信のインターネットが使えないので注意が必要です。

LINEモバイルは3つの回線のSIMカードを提供している(docomo/au/SoftBank)

LINEモバイルはソフトバンク回線を使ったSIMカードとドコモ回線を使ったSIMカードとau回線を使ったSIMカードの3つを提供しています。

契約時にどの回線のSIMカードを契約するのかを選択します。

SIMロックを解除していないdocomoやau、SoftBankで契約したiPadで使う場合には回線の選び方に注意が必要です。

回線選びを間違えるとSIMカードを認識しないのでデータ通信のインターネットが使えません。

キャリア版のiPadにはSIMロックがかかっている

docomoやau、SoftBankのキャリアで契約したキャリア版のiPadにはSIMロックという契約したキャリアの回線のSIMカード以外は使えないようなロックが掛かっています。

仮にLINEモバイルのdocomo回線を使ったSIMカードをSoftBankで購入したSIMロックを解除してないiPadで使おうと思っても使えません。docomo回線のSIMカードを挿入すれば使えます。

重要なことは契約したキャリアとLINEモバイルの回線タイプ(docomo/au/SoftBank)を合わせることです。

【重要】キャリア版はSIMカードの回線と契約キャリアを合わせる

SIMロックを解除していないiPadで使う場合には契約していたキャリアとLINEモバイルの回線タイプをあわせる必要があります。

LINEモバイルの回線タイプの選び方
  • docomo版のiPad(SIMロック解除なし): ドコモ回線を選ぶ
  • SoftBank版のiPad(SIMロック解除なし): ソフトバンク回線を選ぶ
  • au版のiPad(SIMロック解除なし): au回線を選ぶ
  • SIMロック解除済みのiPad: どの回線での利用可能
  • SIMフリー版のiPad: どの回線での利用可能

SIMフリー版はLINEモバイルのどの回線のSIMカードも利用可能

SIMフリーiPadだったりSIMロック解除をしたXpeiaであればLINEモバイルのdocomo回線、SoftBank回線、au回線のどの回線タイプでも使えますが

基本的に相性が一番良いのはドコモ回線なのでドコモ回線を選ぶのをおすすめしています。

LINEモバイルの回線タイプ(docomo/au/SoftBank)を選んでも月額料金もサービス内容も同じですが利用できるエリアが違います

なぜならドコモ回線はiPadが対応している周波数と一番相性がよく地下や山間部、ビルの上などでも電波が入りどこでも繋がるからです。ドコモ回線と比べるとソフトバンク回線とau回線は電波の入り具合が劣るからです。

LINEモバイルはテザリングが無料で使えるからとても便利で無駄がない

iPhoneでLINEモバイルのドコモ回線のSIMカードやソフトバンク回線のSIMカードを使った場合も無料でテザリングを使うことができます

使い方は簡単でiPhoneの設定画面から「インターネット共有」をオンにするだけですぐにテザリングが使えるので、

iPhoneをモバイルWiFiルーター(ポケットWiFiの代わり)として使うことができます

LINEモバイルはテザリングは無料で使える格安SIMなのでiPhoneでどれだけテザリングを大量に使っても

月額料金のだけで無制限にテザリングを使えます

大手キャリアのdocomoやSotBankではテザリングのオプション料金として月額500円かかりますが、LINEモバイルは無料です。

LINEモバイルはドコモ回線もソフトバンク回線もテザリングに対応

LINEモバイルはドコモ回線を使ったSIMカードとソフトバンク回線を使ったSIMカードの2つがあり、

どちらの回線のSIMカードでもテザリングに対応していてテザリングは無料で使えます。

LINEモバイルのテザリング料金は無料

LINEモバイルのテザリングの料金は無料です。

  • LINEモバイルのドコモ回線のSIMカード: テザリング料金は完全無料
  • LINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカード: テザリング料金は完全無料

LINEモバイルは月額500円でもテザリングが無料で使い放題

LINEモバイルは月額500円で使えるLINEフリープランがありますが、テザリングが無料で使えます。

テザリングで使えるデータ容量(ギガ容量)は無制限で、どれだけテザリングでデータ通信をしてもデータ通信のインターネットが使えなくなることはありません。

ただし1GB以上のデータ通信をすると速度制限がされて200kbps(実測は600kbps)になりますが、

高画質な動画の再生が厳しくなるだけで普通にLINEもネット検索も

SNSもLINEの音声通話やビデオ通話もデータ通信のインターネットはすべて問題なく使うことができます。

LINEモバイルはLINEとSNSがカウントフリーでデータ消費ゼロなのでデータ容量(ギガ)が減らない

LINEモバイルにはデータフリー(旧名: カウントフリー)というLINEやSNSのTwitter、Facebook、Instagramの通信が使用した通信量としてカウントされな機能がありますが、プランによって内容が異なります。

そのため、LINEやSNSのTwitter、Facebook、Instagramはどれだけ大量に通信をしてもデータ消費量(ギガの消費)はゼロです。

LINEモバイルのプランごとのカウントフリーの適用内容
  • LINEフリープラン:LINEの通信全てがデータフリー
  • コミュニケーションフリープラン: LINEとSNSの通信がデータフリー
  • MUSIC+プラン: LINEとSNSとLINE MUSICの通信がデータフリー

※SNSとはTwitter、Facebook、Instagramのことです。

データフリー(旧名: カウントフリー)はLINEモバイルのdocomo回線もSoftBank回線もau回線もどの回線でも対応しているのでどの回線を選んでも適用されます。

LINEモバイルのiPadで選べるプラン

データ通信SIM月額料金データ容量
LINEフリープラン500円1GB
コミュニケーションフリー(SMS付き)プラン1110円3GB
1640円5GB
2300円7GB
2640円10GB
MUSIC+(SMS付き)プラン1810円3GB
2140円5GB
2700円7GB
2940円10GB
【保存版】LINEモバイルの全料金プランと特徴・月額料金一覧

LINEとTwitter、Facebook、Instagramをよく使う人は3GBプランから始めるのがおすすめ

LINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagramをよく使う場合や、1GBの高速データ容量では足りな場合は、コミュニケーションフリープランの3GBから始めるのがおすすめです。

3GBプランだと音声通話SIMでも月額1690円で利用できますし、データ通信SIMの場合は、月額1110円で使えるので大手キャリアのdocomo、au、SoftBank、Y!モバイルから乗り換えるとそれだけで節約になります。

LINE MUSICとよく利用する人はMUSIC+プランを選ぶのがおすすめ

LINEとSNSのTwitter、Facebook、Instagramに加えて、LINE MUSICをよく使う場合は、MUSIC+プランを選ぶのがおすすめです。

LINEモバイルのMUSIC+プランでLINE MUSICを何時間聞いてもデータ消費量はゼロとして扱われるので思いっきり音楽を楽しめます。

ただし、LINE MUSICのデータ通信容量もすべて含めて月に5GB以下で収まっている場合は、コミュニケーションフリープランの5GBのほうが月額料金が安いので

自分がどのアプリでどれだけデータ通信をしているのかを確認してプランを選ぶと失敗することがありません。

iPadの場合は、設定アプリの「モバイルデータ通信」を開くとどのアプリがどれだけのデータ通信容量を使ったのかがひと目でわかります。

LINEモバイルは契約後も無料でプラン変更ができるのでもし使い方が変わったり、容量が不足したり多すぎた場合はプランを変更するのも無駄がないのでおすすめの方法です。

 

コメント