【必見】LINEモバイルはリモートプレイが可能な最速最安格安SIM

結論から先に書くと、LINEモバイルはPS4のリモートプレイが何も問題なくできます

通信速度も十分でラグ(遅延)も問題ないレベルなのでiPhoneやiPad、Androidスマホなどでとにかく快適にできる最強の格安SIMです。

外出先からのリモートプレイでも、PS4とリモートプレイをするLINEモバイルのSIMカードを挿しているスマホやLINEモバイルのテザリングで接続しているスマホからリモートプレイでも快適にプレイできています。

音質はかなり綺麗でスマホにイヤホンをさしてプレイしたり、BluetoothイヤホンやAir Podsで使って音を聞きながらプレイすると音質はかなりいいのを感じます。実際にPS4に直接イヤホンを接続しているのと同じ音質で違いがわかりませんでした。

LINEモバイルでリモートプレイは可能!プレイできる

リモートプレイをするには、通信速度と遅延(ping値)が求められますがLINEモバイルのdocomo回線、au回線、SoftBank回線のすべてでどちらの値もリモートプレイをするために必要な条件を満たしています。

LINEモバイルのSIMカードを挿入しているAndroidスマホやAndroidタブレット、iPhoneやiPadで『PS4 Remote Play』のアプリを起動することでリモートプレイをすることができますし、テザリングで接続していても問題なくプレイできます。

ただしPS4のシステムソフトウェアがバージョン6.50以降である必要があるので6.50以下の場合はアップデートをしておきましょう。

外出先のネット回線としてLINEモバイルを使った時の使用感

自宅の固定インターネット回線回線としてフレッツ光を使って、外出先のネット回線としてLINEモバイルを使った場合の使用感は、とにかく快適に利用できました。

ロールプレイングゲーム(RPG)、やアドベンチャーゲーム(ADV)、パズルゲーム(PZL)などはラグや音のズレなどもなく快適にプレイでき、ping値が求められるシュミレーションゲーム(SLG)、シューティングゲーム(STG)、音楽ゲーム、、FPSも遅延が気にならない程度にプレイすることができました。

実際に通信速度と速度を計測してみた結果は、通信速度もping値を十分な値が出ていました。

通信速度が60Mbpsを超えている時点でも優秀ですが何よりもping値が55msというのはかなり優秀です。

通信速度とping値とは

通信速度: 1秒間あたりにどれだけのデータ量を送受信できるかの値。数字が大きいほど優秀

ping値: PS4に出した操作が反応して返ってくるまでの時間。数字が小さいほど優秀

ping値が100msを超えてくるとラグが発生する

ping値が100msを超えてくるとPS4からの反応速度が遅くなるのでいわゆる、操作に対して反応が遅延(タイムラグ)が発生する「ラグる」という減少が発生します。

LINEモバイルは55msなので全く問題ないレベルで優秀です。

画質は結構高画質・音質は実機と同じくらい

リモートプレイを使ってゲームをプレイすると画像の処理はPS4側で行われて処理後の映像だけがスマホに送信されてくるので画質は結構高画質です。

画質設定でデフォルトでは標準(540p)に設定されているので最高(1080p)や高画質(720p)に設定変更をするとさらに高画質になります。

画質を高画質にするととその分、通信速度が求められるので画質の良い最高(1080p)->高画質(720p)->標準(540p)の順に試していって快適にプレイできる部分でプレイするのがおすすめです。

RPGやシュミレーションゲームは全く問題なく快適にプレイOK

LINEモバイルではロールプレイングゲーム(RPG)、やアドベンチャーゲーム(ADV)、パズルゲーム(PZL)などはラグや音のズレなどもなく快適にプレイでき、ping値が求められるシュミレーションゲーム(SLG)、シューティングゲーム(STG)、音楽ゲーム、、FPSも遅延が気にならない程度にプレイすることができました。

iOS13からDUALSHOCK 4に対応したので外出先や自宅内のPS4と離れている場所であっても実機を目の前にプレイしているのと同じ感覚でゲームをの楽しめるようになりました。

ちなみに「iPadOS」「tvOS」でもDUALSHOCK 4に対応したのでいろいろな端末で遊べるようになりました。

回線関係なくアクションゲームは操作が難しい

LINEモバイルに関係ない部分ですが、外出先でリモートプレイする時はコントローラーを持っていない時は

画面のバーチャルパッドで操作をしますが、これがとても難しいんです。

特に素早い操作が求められるアクションゲームはボタンを押したつもりが押せてなかったり、違うボタンの部分をタップしていたりとかなりハードルが高いのを感じました。

bluetoothでコントローラを接続すればバーチャルパッド->物理ボタンがあるコントローラになるのでかなり快適にプレイできます。

遅延が発生する時は解像度とフレームレートを落とす

遅延が発生したり、アクションゲームなどの動きが速いゲームをする時は、設定画面から解像度を「低(360p)」、フレームレートを「高」にすると快適にプレイできるようになります。

LINEモバイルは格安SIM最速の通信速度

LINEモバイルは月額500円から使える最安の格安SIMですが、LINEモバイルは通信速度が格安SIM最速で光回線のインターネット回線や固定回線と同じくらいの通信速度が出ます

LINEモバイルは格安SIM最速で、他の格安SIMでは絶対に達成できないような実測で100Mbpsを超える高速な通信速度ができる格安SIMです。

光回線でも実測で100Mbpsを出ていない回線も多く、光回線よりも快適に使えたりします。

LINEモバイルのテザリング料金は無料

LINEモバイルのテザリングの料金は無料です。

LINEモバイルの格安SIMのテザリング料金
  • LINEモバイルのドコモ回線のSIMカード: テザリング料金は完全無料
  • LINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカード: テザリング料金は完全無料
  • LINEモバイルのau回線のSIMカード: テザリング料金は完全無料
LINEモバイルは月額500円プランでもテザリングが無料で使い放題
月額500円でテザリングが無料なのはLINEモバイルの格安SIMだけ
【必見】LINEモバイルは自宅の光回線として使える最速格安SIM
【お得で快適】LINEモバイルは月額500円から使える最安の格安SIMですが、LINEモバイルは通信速度が格安SIM最速で光回線のインターネット回線や固定回線と同じくらいの通信速度が出ます。 LINEモバイルはテザリングが無料...

LINEモバイルは10GBの大容量でも3000円代

LINEモバイルは10GBの大容量プランでもデータ通信SIMで2640円、音声通話SIMで3220円だけで使えます。

LINEモバイルにはLINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランの3つのプランがあります。

それぞれ月額料金やデータフリーというLINEやSNSのTwitter、Facebook、Instagramの通信が使用した通信量としてカウントされな機能があり、プランによって内容が異なります。

データ通信SIM月額料金データ容量
LINEフリープラン500円1GB
コミュニケーションフリー(SMS付き)プラン1110円3GB
1640円5GB
2300円7GB
2640円10GB
MUSIC+(SMS付き)プラン1810円3GB
2140円5GB
2700円7GB
2940円10GB
通話SIM(データ通信+音声通話SIM)月額料金データ容量
LINEフリープラン1200円1GB
コミュニケーションフリープラン1690円3GB
2220円5GB
2880円7GB
3220円10GB
MUSIC+プラン2390円3GB
2720円5GB
3280円7GB
3520円10GB

f:id:ijuin_ichiro:20181105210315p:plain

LINEモバイルは契約後も無料で回数制限なしでプラン変更ができる格安SIMなので最初は3GBのプランから初めてデータ容量(ギガ容量)が足りなかったら

5GB、7GB、10GBなどのプランに変更することができるので必要な分だけ使える経済的なサービス内容になっています。

まとめ

いかがでしたか?LINEモバイルはリモートプレイは思ったよりも快適にプレイできます。

LINEモバイルにはdocomo回線、au回線、SoftBank回線の3つがあり契約時に選択でできますが

どの回線を選んでもモートプレイをするために必要なping値と通信速度の条件を満たしているので外出先でも快適にリモートプレイができます。

LINEモバイルは月額500円から使える最安の格安SIMですが通信速度も最速で光回線のインターネット回線と同じくらい通信速度が出るため自宅の光回線として使うことができる格安SIMです

LINEモバイルはテザリングが無料で使い放題で10GBの大容量プランがあるんのでインターネット回線として快適に使うことができます。

僕は自宅のインターネット回線はLINEモバイルのテザリングで使っていますが速度はかなり速く格安SIMを使っていることを意識することはないです。

ひとり暮らしをしている場合やあまり自宅にインターネットを使わない場合はLINEモバイルのテザリングで自宅のインターネット回線として使うと光回線以上の快適度で大幅に月額料金を節約できます。

コメント