【必見】LINEモバイルが安い理由は人件費、管理費、設備投資不要のため

LINEモバイルはdocomo、au、SoftBankなどの大手キャリア、他の格安SIMと比べても最安の料金で利用できます。

この理由は人件費、管理費、設備投資がかからないからです。

さらにソフトバンク株式会社の莫大な資本が投入されているため他の格安SIMよりも安い最安の月額料金で利用できるようになっています。

LINEモバイルが安い理由は人件費、管理費、設備投資

LINEモバイルの格安SIMがdocomo、au、SoftBankなどの大手キャリア、他の格安SIMや格安スマホと比べて月額料金が安い理由は、

人件費、管理費、設備投資がかかっていないからです。

LINEモバイルにかかっていない費用
  • 自社ネットワーク
  • ショップ
  • ショップ店員の人件費
  • 独自コンテンツ
  • 独自スマホ
  • ネットを使っての契約申し込み
  • 必要なオプションを必要な期間だけ契約できる

これらのかかっていない費用は他の格安SIMでも同じですが、LINEモバイルが最安の理由はソフトバンク株式会社の莫大な資本が投入されているため月額料金を上げて利用者から回収する必要がないからです。

LINEモバイルは業界最安の月額料金で利用できる

LINEモバイルにはLINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランの3つのプランがあります。

それぞれ月額料金やデータフリーというLINEやSNSのTwitter、Facebook、Instagramの通信が使用した通信量としてカウントされな機能があり、プランによって内容が異なります。

他の格安SIMと1GB,3GB,5GB,7GB,10GBの同じデータ容量の月額基本料金と比較をしてもLINEモバイルは格安SIMで最安の月額料金になっています。

データ通信SIM月額料金データ容量
LINEフリープラン500円1GB
コミュニケーションフリー(SMS付き)プラン1110円3GB
1640円5GB
2300円7GB
2640円10GB
MUSIC+(SMS付き)プラン1810円3GB
2140円5GB
2700円7GB
2940円10GB
通話SIM(データ通信+音声通話SIM)月額料金データ容量
LINEフリープラン1200円1GB
コミュニケーションフリープラン1690円3GB
2220円5GB
2880円7GB
3220円10GB
MUSIC+プラン2390円3GB
2720円5GB
3280円7GB
3520円10GB
【保存版】LINEモバイルの全料金プランと特徴・月額料金一覧

LINEモバイルをデータ通信SIMで契約してお試ししてからdocomo、au、SoftBank、UQモバイル、Y!モバイルなどの大手キャリアから乗り換えるのを考えているのであれば最初から電話番号を引き継いで乗り換えたほうが無駄がありません。

LINEモバイルに乗り換える際の手数料などもLINEモバイルを1ヶ月も使えばすぐに回収できるほどLINEモバイルの月額用金が安いからです。

LINEモバイルのサービスエリアはdocomo、au、SoftBankのキャリアと同じ

LINEモバイルはdocomo回線のSIMカードとau回線のSIMカード、SoftBank回線のSIMカードの3つを提供しています。

これらの3つの回線のSIMカードはdocomo、au、SoftBankの3大キャリアとの直接契約と全く同じです。

LINEモバイルのサービスエリア
  • docomo回線のSIMカード: docomoとの直接契約と全く同じ
  • au回線のSIMカード:  auとの直接契約と全く同じ
  • SoftBank回線のSIMカード: SoftBankとの直接契約と全く同じ

LINEモバイルの格安SIMを使っているからエリアが狭くなるとか電波の入りが悪くなるとかいうことは一切ありません。

LINEモバイルは料金が安くても問題なく通信も通話もできる

LINEモバイルはすべての格安SIMで最安最速の格安SIMです。

 

この理由は人件費、管理費、設備投資がかかっていないことを説明しましたが、

電波や通信をするための設備はdocomo、au、SoftBankから借りて使えっているので

料金が安くてもデータ通信のインターネットも音声通話も問題なくできます。

LINEモバイルは必要なものだけ1ヶ月単位でオプション契約して利用できる

docomo、au、SoftBankなどの大手キャリアなどでは強制的にオプションに加入させられたり

勝手にオプション契約がさせられていたりして高額な料金になっていることがよくあります。

 

LINEモバイルは契約時に強制的にオプション契約がされることはなく、

必要だと思うオプションを1ヶ月単位で契約して利用することができます。

 

LINEモバイル契約後のオプションの契約と解約はLINEモバイルのマイページから簡単にできます。

LINEモバイルのオプション料金は業界最安値です。

LINEモバイル(ラインモバイル)の各オプション料金の一覧

LINEモバイルで付けることができる全オプションをまとめているサイトがなかったので一つ一つ調べてまとめました。

それぞれの料金は月額料金で税抜き価格です。

LINEモバイルの各オプション料金の一覧
  • 端末保証(LINEモバイルセットのスマホ):450円
  • 持込端末保証(LINEモバイル以外で購入したスマホ):500円
  • LINE MUSIC:750円
  • 10分電話かけ放題:880円
  • 留守番電話:無料
  • Wi-Fiオプション:200円(2ヶ月無料)
  • ウイルスバスターオプション:420円(初月無料)
  • 割込通話:200円
  • 通話明細:100円
  • グループ通話:200円
  • ナンバーブロック(迷惑電話拒否):100円
  • 転送電話:無料
  • 国際ローミング:無料

ソース: LINEモバイル – オプションサービス

【保存版】LINEモバイルの全手数料一覧まとめ!初期費用から解約手数料・オプション料金までのすべて

LINEモバイルは通信速度が最速の格安SIM

実際にLINEモバイルを契約して使っている利用者の通信速度の口コミになります。

LINEモバイルは定期的に設備の増強をしているので速度が低下しても数日で元の速度まで戻ったり元の速度以上の通信速度がでるようになります。

長く使っても速度低下しない格安SIMがLINEモバイルなのです。

【必見】LINEモバイルの親会社はソフトバンク株式会社!詳細

LINEモバイルの親会社はソフトバンク株式会社で資本が豊富

LINEモバイル(LINEモバイル株式会社)の親会社はソフトバンク株式会社です。

ちなみにLINEモバイル株式会社の親会社はLINE株式会社です。

LINEモバイル(LINEモバイル株式会社)は2018年3月20日にソフトバンク株式会社と資本提携と業務提携を締結し、ソフトバンク株式会社の小会社になりました。

まとめ: LINEモバイルは格安SIMで最安の月額料金

LINEモバイルのSIMカードはすべてのソフトバンク回線を使っている格安SIMのなかで最安値の月額料金です。

大手キャリアの場合、平均的な料金は月額6000円〜12000円程度ですがLINEモバイルは半額以下、1/3程度の料金で通信サービスを利用できます。

その理由は、人件費、管理費、設備投資がかかっていないからです。

 

それに加えて、ソフトバンク株式会社の莫大な資本が投入されているため

月額料金を上げて利用者から回収する必要がないからです。

 

LINEモバイルはソフトバンク回線も他の格安SIMと比べて

最安値である理由は回線サービス提供会社(MVNE)を使っていない、

ネットワーク提供会社のソフトバンクとの直接契約だからです。

 

MVNEの中間コストがかかっていないので他の格安SIMよりも安い月額料金で提供できています。

LINEモバイルがソフトバンク回線最安値の料金で提供できている理由

コメント